FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
ブログ 子供もおどけて踊り出す.jpg

狂言と歌舞伎、一応違うようなのですが、長浜市の曳山祭りでは「子供狂言」と言っています。

でも、曳山で演じられるのは、伝統の歌舞伎の演目ですよ。
それも普通なら大人が演じるものですが、見事に子供が男女の心中物や源平の深い物語です。

ブログ 長成の真摯な舞.jpg

雨で曳山がシート覆われていてお見せ出来ないのですが、立派なものです。

【一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)】です。

喜劇混ざりの難しい演目ですね。

粗筋はと言うと、源氏の常盤御前が3人の子供の命と引き換えに平清盛のものになるのを、引き止められて、おバカ者として知られた「一條大蔵卿 長成」に払い下げ(下げ渡す、なんて失礼な話)されるのですね。

ブログ 平家の清盛に向かって運気をそぐよう弓を打っていた.jpg

そこに源氏の再興を画策する吉岡夫婦が入り込んだのです。

でも、常盤御前も怪しまれないように弓遊びなどして、反攻の心を隠していたのです。

ブログ 吉岡、御前から遊んでいる弓矢を取り上げる.jpg

吉岡は遊びほうけていると怒って弓を取り上げ責めるのです。
でも、実は、的は平家の運気を削ぐための的で、内密に行っていたのですが、それを知って吉岡謝るのです。

でも、その様子を陰で平家の用人が聞いていたので、この常盤御前の夫になった一条卿が成敗してくれるのです。

ブログ 阿呆を装っていた常盤御前を下賜された一条大蔵卿長成の登場.jpg

一條卿も源氏の再興を願っていてアホを装っていたのですね。

吉岡に源氏の宝刀を預け平家を討ち取れと言い渡す。

ブログ 長成はまた戻って、阿保踊りを.jpg

また、アホに戻って踊り出すのです。
皆も踊り出す。

ブログ 目出度し、めでたし、皆で舞う.jpg

ブログ 源氏の宝刀を授かり吉岡も舞う.jpg

ブログ 吉岡の妻も舞う.jpg

ブログ 遺児の義経?.jpg

この子どもは義経なんでしょうか、まだ愛くるしい幼稚園児のようでとても可愛く、でも、しっかり舞っていました。

素晴らしい限りです。

では、今日は、これまで (@^^)/~~~

明日は、子供なのに艶っぽい心中物をお伝えしますよ。


にほんブログ村  良かったらですが、「栃木情報」もクリックして下さいね。押して頂けたらやっぱりとても嬉しい!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ