FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
旅に出るとご当地の名物料理などや普段口にしないご馳走が食べられるので嬉しいと、そう簡単には思っていないのですね。

主夫も段々長くなってきて、家の調理担当のシェフ(主婦か主夫、当番制か?)は、調理時間のみならず、メニューを考えたり買い物したり、片付けしたりとかなりの時間と労力が必要となり、苦労も身に滲みて判ってきています。

ブログ 旅立ちのランチ.jpg

それが、旅に出れば基本的には上げ膳据え膳、お金はかかるものの楽チンだし自分のレパートリーに無いものも口に出来ます。

それより、時間が無くて旅先で駅で食べる立ち食い蕎麦だって何故かしら美味しく感じます。

駅弁はその内でも楽しみな食べ物です。

東京から西に行く時は結構新幹線の中で駅弁を食べる機会があります。

基本的には東京駅で購入して乗車する訳ですが、多くの場合那須オジサンはこれが定番です。

「崎陽軒のシュウマイ弁当」、このオカズをつまみにビールをやり、適当なところで俵型のご飯まで摘んでしまえば完了。

今回は、品川から小柄な若い女性が乗ってきてオジサンの隣りに座ります。ほぼ同じくお弁当を広げたのは横浜駅過ぎ。

彼女、身体に似合わずかなりのスピードで深川めしのような駅弁を食べ終えてしまいました。
「もうちょっと、ゆっくり食べた方が良いのに…」

さて、第1夜の夕食はどうだったでしょうか。

ブログ 蕎麦屋で軽く夕食.jpg

昨年もこのお蕎麦屋を見て入りたいなぁと思いましたが、中途半端な時間で断念しています。

今回は、夜祭の見学のため何かお腹に入れて置こうと立ち寄りました。

ブログ 蕎麦屋のニシン棒.jpg

滋賀県大津市坂本、山王祭の見物ですが、会場近くでもあり蕎麦前をやってからオジサンも出陣したいのです。

こちらも京都と同じくニシンが美味しそう。棒ニシン、関西風にあっさりですが、関東以北東北までこの蕎麦屋の棒ニシンはもう少し濃い味が多いようです。

メニューを見ていたら季節の筍の天ぷらがあったので。

ブログ 旬の筍の天ぷら.jpg

ビールが終わったので、地酒を燗にして。

ブログ 日本酒をマッタリ、生湯葉でね.jpg

今度は生湯葉でまったりと進めます。

お店の中は、まあ普通の構えで落ち着いています。

ブログ お店の中は、まあ、普通.jpg

お祭りだから多分ごった返しているだろうと思ったら、お店は閑散状態。
呑んでいる内に、まだ暗くもなっていないのに暖簾を下げています。

お客はオジサンを入れて5,6名。皆さん食べ終わり出て行きました。

仲居さんが来てラストオーダーですがと言うので、寒いしあっさりと済ませたいので「かけ蕎麦」を注文。

ブログ 上がりはかけ蕎麦でね.jpg

掛けは結構ごまかしが効かず、不味いとモロに分かってしまいます。
出汁でしか勝負できませんからね。まあ、合格点でしょうか。

何だか妙に一切れ載っていた蒲鉾が美味しかったのだけど。

会計前に雑談。
お祭りなのにこんなに早く締まってしまうのですか?

女将さん、暮にだって早い店じまいですよと。
ここは蕎麦文化が深化して無いのでしょうか。

比叡山延暦寺の塔頭や寺が沢山ありますが、お店は殆ど無く、学校はあっても飲み屋など、はたまたお土産屋などは何処にあるのでしょうか?

その意味では、静かな情緒のある街だともいえるのですがね。

お腹もそれなりに満たし、ガソリン(お酒)の補給もしたし、いざ場所取りに!

では、先日お伝えした天王祭の日の那須オジサンの食べ物の雑記になりました。これにて今日は…。

じゃあね、また明日  (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったらですが、「栃木情報」もクリックして下さいね。押して頂けたらやっぱりとても嬉しい!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ