FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
別に歴史が詳しい訳でも無いのですが、旅をすると歴史的なことにも触れますよね。

特に神社仏閣なんて歴史そのものですし、まあ、美的な面で見ることも有りますが、どうしても時代背景を知っているのと知らないでは、自ずと感じるものも違いますからね。

会津若松になったのは、聞きかじりのような知識ですが、織田信長、秀吉が活躍していた時代、蒲生氏郷(がもう うじさと)がこの地に着任した時からのような。

ブログ 蒲生氏郷の和歌.jpg

歩いていたらこんなものに出合いました。
目的外のものです。

辞世の句ですが、はかない人生を読んでいるようですねぇ。戦国武将の勇猛さとは違い、こんな気持ちの時も有ったのでしょうか。

ブログ 蒲生氏郷の説明板.jpg

説明板を読んでからお墓にお参りします。

ブログ 五輪塔(空、風、火、水、地)の蒲生の墓地.jpg

五輪塔のお墓です。
上の方はかすれていますが、良く良く見ると上から、「空、風、火、水、地」と石に刻んであります。

意味付けは家に帰ってから調べたのですが、ここではにわか仕込みの蘊蓄を述べても受け売りにすぎないので止めますね。


あと今回出会ったのは、会津の戊辰戦争の時の悲劇の一端でした。

鶴が城やそれにまつわる白虎隊の話は有名ですが、戦争犠牲者の東軍の墓地に出合いました。

ブログ 東軍の墓(阿弥陀寺).jpg

七日町通りに面してお寺があり、中に入って見ると葵の紋が入った墓地があります。阿弥陀寺です。

説明板を読むと悲しい史実が書されてありました。

ブログ 阿弥陀寺の説明板.jpg

会津側の戦没者の埋葬に苦慮したのです。仏教の世界では、宗派に寄りますが、亡くなったら善悪に関わらず仏になるという教えもありますし、敗戦した側の犠牲者も丁重に弔うべきものです。暫く放置されたようで悲しい出来事でした。

一時本堂代わりになっていたそうですが、変わった建物があります。

ブログ 御三階(ごさんかい).jpg

御三階(ごさんかい)と言うそうな。何だか命名が見たまんまですよね。

鶴が城の唯一の現存建築になるそうです。
戦時に完全に燃え落ちた訳では無いのですが、全国のお城は明治期に取り壊されているんですから、無くて当たり前ですかね。

残っているものは国宝になっているものも有り、鶴が城も立派なお城だったそうですから間違いなく国宝になっていたでしょう。戦火で傷んでしまっていても歴史的にも重要なものですから、それなりの価値があったことでしょう。

今は、立派に復元されたお城が観光客を集めています。特に桜の咲くころは名所にもなっています。

この御三階は、ここに移築したそうで、取り壊されなかったのも奇遇ですね。
隠し階があるそうで、オジサンとしてはそちらの方に興味が湧きました。

詳しくは、説明板で。

ブログ 御三階の説明文.jpg

今回の旅は洋館建築が目的でしたが、これらのものも目に入り見学させて頂きました。

では、今日はこの辺で (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったらですが、「栃木情報」もクリックして下さいね。押して頂けたらやっぱりとても嬉しい!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ