FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
「洋館」、どうしてか自分でも判りませんし、別に理屈をこねる気も無く大好きなご馳走景観として見させて頂いています。

田舎である那須地方にも明治の元勲と言われた人の洋館が数点ありますよ。

名前を出せば、山形有朋、松方正義、青木周三、大山巌などの館があります。

那須は明治期まで未開であった官有の広大な平地があり、いわば論功行賞であったのでしょうが、払い下げを受けヨーロパの貴族の荘園経営に憧れたのでしょう、別荘を建てて過ごしていたようです。

ブログ えの木ていと言うケーキ屋.jpg
(これはケーキ屋さんの建物、文化財では無いです)

そうそう、那須は今NHK番組の「いだてん」の短距離走の三島弥彦さんは縁のある人で、この地で父の三島通庸が神社に祀られ、那須オジサンが住んでいる地名の三島にも繋がっています。

福島県では鬼県令として評価は大きく損なわれますが、ここでは神様として祀られ、今でも子孫の方が神社の例大祭には出席しています。その三島の別荘もありましたが、和風建築で移築して郷土資料館に使われていましたが、放火で焼失しています。

脱線したので戻ります。

ブログ 横浜山手聖公会.jpg

今日は一般公開してある「横浜山手聖公会」に入りました。

ブログ 山手聖公会の入り口.jpg

玄関の左にボランティアの受付の男性がいます。
気持ちの募金をしたらポストカードを頂きました。

ブログ 頂いたポストカードと地図.jpg

小さな教会の中を見て歩いたあと外を見まわします。

ブログ 聖公会の横顔.jpg

お城の見張り台のような様相に思えます。

信心の心の薄い那須オジサン、いわんやキリスト教など知る由も無く、真似事で祈っても却って無礼者と叱られそうなので、美的なものとし見させて頂きます。

ブログ 昔の電話.jpg

教会建築や中のステンドグラスの綺麗なこと、洋館マニアにはご馳走です。

辞して、また先へ。

トボトボと歩いていると、小さなポケットパークのような場所に公衆電話。
そこに若い女の人が熱心に中を撮っています。

公衆電話なんて珍しくないのになぁと近づくと。

上のような古い電話があります。
アレーと那須オジサンも撮り始めると、彼女も気づき、どうして撮っているんだと思いましたよと声を掛けて、短い笑顔の交流。

ブログ 山手234番館.jpg

道路の向こう側は、洋館がレストラン風な店構えで素敵な花など飾り営業中。

山手234番館です。
那須オジサンも一時は、そう大昔にはこう言ったガーデニングを目指し頑張った時期もあったのですがね。

ハンギングバスケットや2階のベランダに沢山のプランターを設置し、外に花が出るようにして飾っていたことも有りました。

妻からも、知り合いにオタクの家をライバルとして自分も頑張っているんだよと言っていたよと言われたことも有りましたが、何時しか仕事も忙しいし管理も大変で止めました。

その為の小道具も一気に処分して今は最小限度にしています。

ああ、何だか長くなりそうで疲れたので今日はこの辺で小休止。
明日残りの洋館の記事を書きますね。

では、今日はこれにて  (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったらですが、「栃木情報」もクリックして下さいね。押して頂けたらやっぱりとても嬉しい!








スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

こちらこそ初めまして。

お洒落なところで育ったのですね。浜っ子と言えば格好良いという代名詞のようなもの。

職場の後輩で横浜から来た人がいるのですが、横浜ナンバーの車を何時までも乗っていましたね。愛着があったのでしょうかね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ