FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
昨日の続きです。
実は、昨日は、よく妻と行っていた白河のラーメン屋さんへ一人で行くことも、家を出る時の考えにありました。

これから載せる記事のところが県境で白河は目と鼻の先です。
司馬遼太郎さんの街道を行くにも出てくる歴史名所です。

今白河の関として公園化し観光施設にしているところとは少し離れていますが、東山道の奥の細道の入り口に当たるこの地にあったと聴いています。
2016 12 5 境の明神 県境 ブログ用.jpg
道路も変遷するもので道筋が替わり、関も移動したのでしょうが、明治期に、奥州街道(国道4号)が現在の那須野原の中心を横断するようになってこちらの方も廃れたようです。

ラーメン屋さんへは行く気が失せて、この県境でリターンしました。
でも、帰りには、自分を後押しして蕎麦屋に入れた次第。

国道294号にある、この地は「境の明神」と言うそうです。昔、妻と立ち寄ったことはあります。
小さな社の狭い境内です。

境内の隅に静かに佇んでいたのがこの観音様です。
2016 12 5 境の明神 観音様 ブログ用.jpg
立膝の少し色気を感じる像ですが、隅っこに居ることで余計にその雰囲気が醸し出されています。

土手を覗くと、黄色のタンポポが季節外れの眩い色を放っていました。
2016 12 5 境の明神 たんぽぽ ブログ用 .jpg
南東向きの斜面なので温かいのでしょうかね。

さて、勿論お決まりの「阿吽」が入り口で迎えてくれます。
別にハンターではないのですが、ついついカメラに収めてしまいます。
2016 12 5 境の明神 阿吽像 1 ブログ用.jpg

2016 12 5 境の明神 阿吽像 2 ブログ用.jpg

蘊蓄を語る知識もありませんのでコメントしませんが、楽しいご対面の時間を頂けます。

家の裏玄関には、妻が求めた「阿吽(沖縄のシーサ)」がお迎えします。
家族は、大概駐車場が裏手にあるので裏の玄関から出入りしてますので、帰宅時にはユーモラスな笑顔で待っていてくれます。

では、本日はこの辺で。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ