FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
9月2日(金)

事情により今は気ままに旅をすることができませんが、何とか2泊3日の日程を確保し、残暑厳しい京都に出掛けました。
ここ何年かは、年に1、2度京都にお邪魔しています。

相棒も思っているでしょう、心優しい女性と2人ならテンションも上がるというものですが、むさ苦しいおじさん2人ですから、自ずと古都を愛で、そこそこ美味い料理と酒にありつければ良し、という地道な計画です。

今回の同行者を考え、テーマを「世界遺産と国宝」ということにし、有名寺社を訪ねます。

さて、駅をゆっくり9時に出発。僕が朝早く出られないので、結構タイトなスケジュールにしてあり、東京駅では昼の駅弁をゆっくり調達できず、乗り換えルート上にある駅弁屋で安直に「崎陽軒のシューマイ弁当」を買おうとしたら売り切れ、止むを得ずチャーハン弁当に(;_;)
シューマイ、チャーハン弁当
ビールのつまみも兼ねているので、白飯よりは良いかと負け惜しみ(。-_-。)

京都1時過ぎ着、乗り換え山科から醍醐へ

2時少し前、外は、暑いよー!醍醐寺着。

荷物を預けるロッカーを尋ねても無いねぇ、コミュニティバス乗り場を聞いても、歩いた方が早いと、近くにいた自転車整理のおじさんに突き放され、泣く泣く立派に整備された広いプロムナードを、お日様を背負って男2人歩いて行くのでした。
2016 9 京都 醍醐寺 門 醍醐寺 五重塔醍醐寺 阿弥陀堂
ご存知ここ醍醐寺は世界遺産の一つ、秀吉の醍醐の花見で有名な大寺院ですが、葉盛りではお客も少ないです。

でも、逆にありがたく、ゆっくり見学させて頂きました。今は、何処へ行っても、言語が違う近隣の方々はそれなりに居ますがね。

宿泊は、中心街の四条烏丸に確保できたので、醍醐から東西線、烏丸線と乗り継ぎ、早めにチェックイン。京都はホテル不足で土日がらみは確保がどんどん厳しくなっています。幸い上手く、禁煙、シングルが連泊で取れています。
おばんざい 
ホテルで冷房を強くし一休みしたので、少し元気回復。

夜の部です。6時に予約してあるので、歩いて「太郎屋」(おばんざいの店)へ。京都は、路地(ろーじ)の中に素敵なお店があるのですが、ちょっと迷っても無事に時間前に到着。

ビールでひとまず乾杯した後、カウンターの前の大皿に盛られた料理を選んで注文、人気店なので馴染みのお客さんたちが出入りしています。
「長っ尻」は粋ではありません。同じ時間帯に入った他のお客はいなくなりつつあるので、僕らも出ます。

さて、次は、バーです。
一駅分地下鉄に乗り移動し、木屋町に来ました。沢山の酔客が行き来しています。判りにくいところとあるのですが、やっぱり、間違いなく極近くに来ているはずですが、発見できませんでした。
時々バーや、日本料理屋で、隠れ家的などと云う以上に、一見のお客は発見できないよう隠れてしまっているお店があるんですよね。

諦めて、鴨川を渡り四条通りを祇園の方へ。南座を右手に見て、大和大路を左に曲がってしばらく注意して歩いていると、次の店を発見。
「エル・テソロ」 落ち着いた良いお店でした。今回は、明日行く予定の一度行ったバーと、ほか2軒、3軒チョイスしてあります。
ホワイトレディ ちょっと、蘊蓄的になり臭いですが、京都の有名なバーで「K6」で修業したバーテンダーさんがやっているお店を選んであります。
よって、1杯目は、有名なジントニック.でなければいけません。卒業するまでは、誰も同じレシピで作っていますが、はて、独立してどう自分の味付けをしたかという…。(笑い)生意気なことを言っても違いが判りませんよね。写真は、2杯目のものです。


毎日のように自宅でジントニックを飲んでいるのですが、ジンの種類を変えても言葉で違いを表現できないぼんくら舌ですからね。
2016 9 2 エル・テソロ
エル・テソロ 外の景色を額縁の中に居れたような、素敵な光景が見えるカウンターに案内されました。カップルなら良かったなぁとおじさんは思うのでありました。

適当に切り上げ、ホテルに戻り、お休み!また明日\(^o^)/
今日は、1万6千歩、汗だく、疲れたよー!!

2日目に続く (別葉で、数日後にアップ予定)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ