FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
秋の日の ヴィオロンの ためいきの ~(中略)~ げにわれは うらぶれて ここかしこ さだめなく  とび散らふ 落ち葉かな。

はて、これは何でしょうかね?

そうですね、ベルレーヌの詩で、「落葉」と言うのですが、ふと、頭のサビの部分が湧いてきそうです。那須オジサン、若い頃には、こんな詩の一節を使ったりしてラブレターも書いていたような (;^ω^)


(今日のブログ、先週の内に、旅にでるので作り置きしたもので、交流しているブログの方の内容の中に同じ詩の冒頭がありますが、パクリではないのでご容赦願います。その方のブログ登載以前に当方も作ってありましたので、このまま削除せず載せますが、数多ある過去の詩を同じく引用するなんて偶然の産物で少し驚きました。直接の説明が礼儀でしょうが、この予約記事に、言い訳を加筆しましたこれにてご容赦を!)


無粋な那須オジサンでもそうなんですから、心優しき女性の方々はさぞや沈みがちな季節かと思います。

ブログ スポットを浴びたモミジ.jpg

そこでまだまだ~と、落ち葉になる前のモミジ探しをしてきましたよ。

晩秋の日射しの中で、その光と戯れているモミジ葉を愛でてみました。
梢の上、落ちたばかりの葉、手近な所ですが、雪の便りが届く前に拾い集めました。

ブログ モミジ越しに青空.jpg

晩秋から初冬にかけての青い空、染まり切ってさも散りそうなモミジ葉、そこはかとなく寂しい気もします。

杉木立の中の差し込んでくる陽光に微笑んでいるモミジ葉がいます。

ブログ スポットを浴びたモミジ 2.jpg

綺麗なお顔で光輝いていますね。
微笑みは最高の美ですから人間だけでなく花も木も微笑んでいるときがもっとも綺麗です。

お~い!、上ばっかり見て無いでしたも見てよと小さな声で呼びかけています。

ブログ 苔の上のモミジ.jpg

やらせ、仕込みの類では決してありませんよ。
苔の上に落ちてもなお微笑むモミジ葉がいましたよ。

何かスポットライトを浴びているようですよね。

苔の上の名女優になりました。

さて、そろそろお暇(いとま)かなと帰ろうとしたら、我々も折角来たのだから撮って行ってよと言うので、ちょっとだけカメラを向けました。

ブログ 小川に降り積もるモミジ.jpg

小川の脇が少し吹き溜まりになるのでしょうか、落ち葉が積もっています。

か細い小川も流れています。

「モミジ葉の  去り行く先ぞ  冬流れ」(nobotyan詠む)

さあ、巷では騒がしい世相になって年の瀬へとなだれ込んで行きます。
オジサンは、慌てず騒がず飄々(ひょうひょう)と日々を過ごしてまいりましょう。

元気で楽しく暮らすのが最高の幸せですから、この言葉をモットーにしてこれから先進んで行こうと思います。

平成の最後の12月、それなりに世事もこなし、自分や身の周りの人の健康も心配しつつ過ごすことにします。

では、溜息はなるべく余り吐かないようにして  また、明日 (@^^)/~~~


(そろそろ、散々な目に遭った越後の旅をブログにして載せますね。予約記事でしのいでばかりではイケませんからね)


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。


スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

こんばんは。

お褒め頂き痛み入ります。

独学で、適当な写真撮影ですが、結構楽しく遊んでいます。

ゆっくり腕を上げて行ければ良いかなぁと思っています。

おはようございます。
1枚目の絵と3枚目の絵が素晴らしいですね。
光を上手に扱っている所が目を引きました。
見事です。
私には無理ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ