FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
お隣の市域になりますが、家から車で30分と掛からない古い村の市街地と言った風情のところにある城址公園に行って来ました。

もみじの偵察ですが、もう「もみじ祭り」と言う幟旗を立てて、地元の方々が臨時のテントを立てて、農産物や食べ物などを売っています。

佐久山城址公園の「御前山公園」で、モミジの名所になっています。

ブログ もみじの美味しいところを切り取りましたよ.jpg

隣に隣接して小学校があり、女子のソフトボールの練習の元気な声が小高い城跡の丘まで昇ってきます。

ここは流石に歴史あるお城、城下町で、古木と言って良いような立派なモミジが結構沢山あり、期間によっては夜のライトアップもあるようです。

奥州街道の宿場町でもあり、時代小説にもたまには登場しますが、東海道や中山道などの宿場と違って無名ですからよほどの歴史小説好きにしか判らいでしょうね。

どちらかと言うと出城程度ですから広大ではないのですがね。

ブログ 御前山は、少しくすんだもみじになってるよ.jpg

入口を入るとこのようなモミジが迎えてくれます。
でも、心なしか色付きが綺麗でないようで、赤黒い感じ。

最寄りの駐車場は、約20台ほど駐車可能ですが、満杯でそれなりに賑わっています。

おでんなど頬張りながら座って見上げている方もいます。

階段や坂道を伝って頂上の方へ登って行きます。

ちょっとした広場になっていて、ブランコが2セット4本あります。

幼稚園年長者くらいの男の子とお父さんがブランコ遊びをしながら写真を撮っています。
やはり断って撮らせてもらいましたが、やっぱり構えてしまって、どうもこちらのアプロ―チの仕方が悪いのでしょうか、何か工夫が必要です。

昨年は、ここで老夫婦が仲良くブランコで童心に帰っていたのを楽しんでいたのを後ろから撮らせて頂きましたがね。
少し羨ましくもあります。

かみさんは空の上だし、誰か一緒に隣でブランコを漕いで遊んでくれないかなぁ (#^.^#)

ブログ 大樹に寄り添うモミジ.jpg

もみじの寿命は如何ばかりなのでしょうか、大木になり天高く空を覆っています。

ブログ もみじのパッチワーク.jpg

空を見上げれば、色んな色のパッチワークで綺麗です。
全て真っ赤になるのも良いのですが、青から赤まで色々あるのも素敵です。

今日は、下手な俳句を入れて興ざめしないように、ただただもみじに徹しますよ。

本当は確認したかったのは、結構大きなイチョウと大きなモミジのコラボはどうなっているのかなと言うのでしたが、もみじは早すぎイチョウは最盛期と言う感じで、さて、どうしようかなと言う悩んでしまいました。

ブログ 見上げるもみじ.jpg

今日は鼻から偵察ですから、また今度は三脚など機材を担いで来るのですがね、何時来ればいいのか迷いますね。

リタイヤ組でも、家のことで週の半分は縛られていますので、また、これは嬉しいことなのですが、平時のゴルフが3か月前から組み込まれているので、お天気と空き時間の上手いマッチングが簡単なようで、結構難しいのよね (´・ω・`)

「歳重ね  いやまだまだと 盛りモミジ」(nobotyan詠む)

今日は句を詠まないといったのだけど、思いがムクムクと頭をもたげてね、御免 

では、今日はこの辺で  (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ