FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
タワーマンションってそんなに良いのですかね?

田舎住まいの那須オジサン、江戸に来てほんのたまに高い所から見下ろして楽しむことはしますが、それは展望台と言うことで、住むのとは訳が違いますよね。

お値段も貧乏人には手が出ない高額だそうですが、佃煮島の仕舞屋に住んでいる子供達は、何時かはあそこに住むんだと憧れを持って見ているのかなぁ。

ブログ これは昔の灯台だねぇ.jpg

石川島の寄場人足跡の灯台のモニュメントがあります。

この前の隅田川では遊覧船などの船が行き来しています。

ブログ 隅田川を下る遊覧船 乗ったことも有るね.jpg

浅草から浜離宮までこの船に乗って行ったことも有りました。

ちょっと懐かしい気になりました。自転車さんの人、リタイア組が寄寄り集まって四方山話、那須オジサンも、昼下がりの公園のベンチで一休みしながら船を見送り、雲に挨拶、ゆったり流れる時間に身を任せるようにしてしばしの間時間を潰します。

ブログ 案内板もちょっと小粋.jpg

先程の船の前方(左手すぐ先には佃大橋)、右手には中央大橋があり、遊覧船は沢山の橋の下をくぐって進むのですが、この橋を見て歩くも一興です。

ブログ 佃島の守り神、住吉神社 背景はタワーマンション.jpg

次は住吉神社へ向かいます。

鳥居に飾られた扁額は明治期の有栖川親王の直筆だそうですが、色といい少しお洒落な感じ。

前を通ったヒールの高い靴を履いた女性が道路から参拝して去って行きます。夜のご商売にでも行くのでしょうかね?

リハビリのお散歩なのか、介護人同伴の年老いた女性がゆっくり神社の裏手からやってきてこの鳥居をくぐり立ち去って行きます。
ゆっくり歩く時間の流れと、ここに流れる時間が同調しているなぁと思いました。

都会でも、こんなところなら少し間住んでも良さそうかなと思いました。

ブログ 住吉神社の阿形.jpg

阿形、次は吽形、阿吽像大好き人間には押さえておきたい心を無視できず、ちゃんと収めました。

ブログ 住吉神社の吽形.jpg

こんな風景の中で、3年一度の大きなお祭りがあるのも何か素敵な光景だと感じます。
江戸期の当初に大阪から越してきてここに移り住んだ祖先の心意気や、近頃でもここに住んでこれからも住もうとする人々のお祭りは地域融合には最高の行事です。

さて、もうかなり歩いて、それでなくても腰は痛いし足裏もすっかり疲れているし、引き上げることにします。

ブログ 下町でもハローウィンはやるのねぇ.jpg

路地の中に入ってこんな可愛いものを見たり、それこそ代名詞の佃煮の本当に古い老舗を見たりして、この絵とは違うお店ですが、小さな御試し用の佃煮セットをお土産に購入し後にします。

ブログ 江戸時代からの佃煮やが残る街.jpg

さて、これにて故郷に帰ることにします。

その前に、その内必ず行こうと思っている、本当なら今回も立ち寄りたかった老舗の大衆居酒屋「岸田屋」を見に行きます。
月島のもんじゃ通りの少し端の方に立地していました。

5時過ぎの開店ですから、今日は諦めて帰ります。

この次は、隅田川沿いを、今までは細切れに歩いていますが、右岸から左岸へ、左岸から右岸へとジグザク歩くのも楽しいかもね。

俳聖芭蕉さんの深川なども、何度目かになりますがまた行きたいなぁ思いつつ、今日はこれにて終了です。

では、また明日 (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

高い所は基本的には好きなんですよ。

何せ若い頃は登山をしていて、北海道でも良く紅葉一番と報道される大雪山系もトムラウシまで縦走したりしてね。
岩場もやっていましたからね。

でもね、生活となると別ですよね。


田舎者は、やっぱり土が安心するんですね。

マンションから眺める景色はとてもいいでしょう
。。しかしあまり高い所に住むと

体調を崩す人も大勢います
地に足をつけてじゃないですが

出来るだけ下の方がデコの個人的意見としては
いいかと

10階以上はきついでしょうっ( ;∀;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ