FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:俳句(写真)
昨日は、その前日のゴルフコンペの反省会と親睦交流で、地元の塩原温泉にお泊り。

疲れもあるけど、勢い余って年甲斐も無く深酒でした。

朝早くの6時、ホテルから少し山を登って行く露天風呂に浸かって身体から毒抜きをと向かいました。

那須オジサンの入浴.jpg

今は写真を撮ってはいけないようですので、2年ほど前の同じ時期の写真を。

那須オジサンの寛ぐ景色ですがお眼汚しになりスミマセン 

まだまだ紅葉には早いようです。

「痛飲の  朝に入りたる  青露天」(nobotyan詠む)

まだまだ青葉のモミジの葉が湯船に映っています。

昨日は二日酔いで自宅謹慎。

で、今日はと言えば絶好のお天気でお出掛けしたかったのですが、朝ベットから起きようとしたら腰が痛い (≧◇≦)

ここで「閑話休題」、話を本題に戻しますね。

手持ちぶたさに、以前に見つけてあった、いつか見てみようとパソコンの傍に積んでおいたDVDとCDを開いてみました。

懐かしいなぁ ミューちゃん.jpg

3年前に妻を追うように空に昇った愛猫のミューの絵を発見しました。今では11年前の絵です。

捨て猫を拾って来たのは妻でした。
僕が猫と一緒に暮らしたのは先代の雄猫のミュー太郎でしたが、太郎を拾って来た時は僕は生き物は犬だけで結構だと思っていたので、それこそ家庭内別居を1週間ほどするような喧嘩になりました。

口もきかず、顔も見ずという方法で不満を表したのですが、ついに可愛さが勝って飼うことになりました。
太郎は気が強く、先輩の愛犬を怖がるどころかちょっかいを出して遊んでいました。

あまつさえ隣の犬などは追いかけ回されて困っていたようです。でも、外に出掛けて車にひかれて亡くなりました。
1年ほど経ったときでしょうか、本当に小さな捨て猫を拾ってきたのが、このミューでしたね。

太郎も、このミューも、今ではツルバラの根元に埋葬してあります。

又出てきました。

10年前の懐かしい旅.jpg

これもやっぱり10年前ほどでしょうか、有名な蕎麦店の静岡県島田市の宮本に行ったついでに寄った、木製の長い橋の蓬莱橋で撮ってもらった写真です。真ん中が那須オジサンですが、退職時にダイエットに成功したのですが、ここ2年ほどで完全にリバウンドしていてこの絵と同じく太っています。

欄干に腰を掛けているのは何時も旅のお供として一緒だったS君ですが、残念ながら現役の若さで鬼籍に入りました。
もっともっと一緒に旅や酒飲みなど遊びたかったなぁ。

探してゆくとまた別な友人が出てきました。

ブログ 玉村さんと一緒.jpg

信州にお住いのエッセイストの玉村豊男さんが経営しているヴィラデストで一緒に撮ってもらった懐かしい絵です。

やっぱい後輩で、何時も運転を引き受けてくれて旅をした仲間のS君(右端)でしたが、そろそろ自由の身になっただろうからと旅に誘うおうとした矢先、突然やはり天に昇ってしまいました。

何かこうやって見ているとじんわりと寂しさがこみ上げてきます。

「思い出や  秋天高く  写し雲」(nobotyan詠む)

「写し雲」何ていう雲は無いし、言葉も無いですが、思い出を写す白いスクリーンのような雲だということでご容赦を。

懐かしい顔を今日は思い出してしまいました。

今夜の夕食には、秋の味覚、サンマの炊き込みご飯を作って仏前に供えることにします。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

別に先を急いでいる訳でも無い訳ですが、後ろばかり見ていると壁か落とし穴にぶち当たってしまうかもと。

時々にしたいのもです。

歳を取ると得るものは少ないし、取りこぼしなく味わって行きたいのです。

それが残された者の責任だと思っています。

それにつけても、体がだるかったり腰が痛かったり歩むのも大変です (´・ω・`)

こんばんは😃🌃
所詮人生は思い出ならずや、とも思います。
とすると、思い出したいこと、思い出せることがたくさんあればあるほど幸せ、というこことにも。
新しい思い出もどんどん積み重ねてゆきたいものですが、強がりかな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ