FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
「裁ち蕎麦」という蕎麦の名前が判る人は、かなりの蕎麦通でしょうね。

福島県の奥会津、桧枝岐村に伝わる蕎麦の切り方の独特な方法です。

那須オジサンも蕎麦打ちは、蕎麦道具と専用の部屋も用意してあるマニアですが、実際には家族も悲しいことに少なくなって、すっかり熱が冷めてしまっています。

でもね、蕎麦食い好きですよ。

ブログ 桧枝岐の名物 裁ち蕎麦.jpg

普通は蕎麦を伸ばした後、畳んで切るのですが、ここは伸ばしたものを何枚か重ねて、それを布を断ち切るように切るのです。

定規に沿って包丁で切るか、ベテランはそれも無しで細く線を引くように切るのです。

蕎麦粉が畳むと切れやすくなるのでそうしているのでしょうね。

田畑も少なく貧しい寒村でしたから蕎麦は食べ物の主力になっていたのです。

ブログ 桧枝岐 まる家 .jpg

蕎麦を食べさせるお店はそれなりに結構あるようですが、昔から何度も訪れているお店に無難に入ります。

平日ですが、先客は同年輩と思われるグループは6、7人、同じくご夫婦一組が先客でした。

仲間にはビールを頂いてもらって、僕は運転手ですから蕎麦茶で乾杯!

呑兵衛の那須オジサンですが、たまにはご奉仕ですね。

ブログ 会津名物 はっとう.jpg

ミニ天丼を付けて、お腹を減らしていたのでセットにして頂きました。

デザートに、これも蕎麦粉ともち米、栃モチなどが入った「はっとう」を頂きます。
丁度3切れで一人一切れで丁度良い分量です。

エゴマと砂糖などを混ぜて程好い甘さで美味しく頂きました。素朴ですが、結構食後のスイーツとしてお勧めですね。

この前には、お腹だけでなく目も満足させてきましたよ。

ブログ スゴイ水量 岩を砕く勢い.jpg

このところの長雨で水量が多いようで、岩を食むように流れ落ちる水の迫力は一見の価値があります。

岩の上では芸術家がぽつねんと絵を描いています。

ブログ 屏風岩でスケッチをする人.jpg

那須オジサン、昔から絵にはコンプレックスがあってね、何の躊躇も無く絵を描ける人は素晴らしい人だと素直に称賛してしまいます。

もし絵が描けるのなら、写真などは撮らずに間違いなく絵筆の方を選んだと思います。

だからと言う訳でもなのでしょうが、やっぱり絵心が無いと写真も下手なんですよね。

では、折角の綺麗な自然が台無しになるので、ボヤクのは止めにします。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
スポンサーサイト



コメント

Re: こんにちは

ちょっと生意気ですが、お蕎麦の考え方を言わせて頂きますね。

那須オジサン、それなりに関西より東ですが、美味しいお蕎麦を求めお出掛けもしていましたね。

多分、雑誌などに出るような有名店にはかなりお伺いしています。

でもね、お蕎麦でどのお店が一番だとか、あの地方は良いとか言うのはあまり意味ないように思っています。

その日の気分、その日の同行者、季節、時間帯など味覚は変わるのですよね。


美味しかった立ち食いの駅蕎麦の思い出、場末のおばちゃんの伸びているようなお蕎麦、でも、あれは美味しかったなぁと言うのがあるものです。


庶民の食い物にあれこれ高尚な意味を付け加えるのは如何なもんかと思っていますよ。


現役時代に、単に餌のように掻き込んでいたお蕎麦が懐かし思い出の味であったりするものですよね。

まあ、食べ物は結構庶民の手が届くものでも奥深いものです。

Re: タイトルなし

こんばんは (^^)/

そう言わないで下さいね。お恥ずかしい限りです。

那須オジサンは、何事でも形から入るのですね。

でも、腕は三流以下、蕎麦打ちも料理の一つと考えていますよ。中には、「段」取得まで挑戦する人がいるようですが
、料理に段なんて似合わないでしょうという考え方です。

蕎麦も単なる調理の一つとしています。

生パストを作る人の方が、もしかしたら何か良い感じですよね。

毎日の主夫料理は結構大変ですが、時々するお遊びの調理は趣味の一環として楽しいですね。

こんにちは

【ここは伸ばしたものを何枚か重ねて、それを布を断ち切るように切るのです】
初めて知りました。

ワタシもお蕎麦が大好きで旅行した時はその地のお蕎麦を食べるのが最大のタノシミです。
ただ、本当のお蕎麦好きではないかもしれません。
というのも、山形県でトップ人気の“あらきそば”のお蕎麦は口に合いませんでした。
今まで食べた中で一番口に合わないお蕎麦でした(-_-;)
お蕎麦で有名な山形のそのまたトップのお店のお蕎麦が口に合わないのですから、お蕎麦の味が分かっていないのでしょうね(*´Д`)
これからもnobotyan様のブログ、楽しみにしております。

おはようございます。
初めてのコメントと思います。
よろしくお願いします。
 「裁ち蕎麦」初めて知りました。
蕎麦だ大好きですが、そのような裁ち方がありとは知りませんでした。蕎麦打ち専用の部屋まで持たれているとは凄いマニアですねー。ひょっとしたらやがてはお店を持つとかしようとしているんですか。でも凄い趣味をお持ちですねー。
吃驚です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ