FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
那須地方、山のかなり高い方は別にして、錦秋の秋は10月後半から11月中旬までです。

まだ慌てる必要も無ければ、ゆっくり猛暑のこの夏の疲れを癒してから、お出掛け頂ければ嬉しいです。

でも、地元に住む那須オジサンも、今年はどうなっているの?と偵察に出掛けました。

ブログ 秋色前線.jpg

家から2、30分車を走らせると手近な高原に辿り着きます。
つとに有名になってしまったカメラマンに人気の滝や渓谷めぐりの場所とは、途中から別れて進みます。

バスで乗り付けられるようになって少し複雑な心持で、車の多い駐車場の脇を通っても混ざりたくないのです。

でも、ここは広大でも昔から平時なら貸し切り、休日でも来客は少ないです。
目を奪われるような景色があるわけでも無いですからね。

ブログ どう、もう少し経てば秋色だね.jpg

少し恥ずかし気に色付き始めてますね。

ブログ モミジが居たよ.jpg

こちらにも色気が出て来た少女が見えてますね。

ブログ 後ろの枝をクローズアップ.jpg

色付いた木々を眺めては、ズームにしたり、背景を変えたりして、ダンスのお供をしてもらうように、一緒の時間、初秋の秋を舞い踊ります。

「柔き手を  君が差し出す 秋夜会」(nobotayn詠む)

秋空の中を線を描くように鳥が飛んで行きます。

何処へ行くのでしょうか。

ブログ 桜もすっかり秋色へ.jpg

春を盛りに謳歌した桜も、最後のお化粧を纏い、出番はまた先の春に!と。

風に吹かれて、楽し気にラストダンスを踊っています。

ブログ モミジ越しに矢板市の街並み.jpg

目を下にやれば、日々に喜怒哀楽を混ぜながら過ごす我が人間の住む街並みが見えます。

お互いそれなりに頑張りましょうねと、自分にも向けてエールを送ってみます。

もう少ししたらその下界に舞い戻る那須オジサンですからね。

目線をパーンすると。

ブログ ススキの原も秋色へ.jpg

ススキはまだ盛り。
元気に風と戯れ談笑しています。

さて、那須オジサンは結構独りここに留まっていましたが、世事が何時までも居て良いよとは言ってくれませんので、帰り支度をします。

途中で、鄙にしては美味しいマグロのブツを売っている小さなお店に立ち寄り、家の近くに戻っては昔から食べ慣れて癖になっているのか好きな焼きそばを、息子には大盛り、オジサンは自制して普通盛をテイクアウトして家に戻りました。


那須は、身近なところに自然が転がっており、その人の感じる心、見る目線、味わう懐の柔らかさによって、欠伸の出る「ど田舎」にもなれば、好奇心を刺激する日々にもなります。

日々の生活に溺れてしまった人は、出来るならばリセットする為にも、観光地でない広い空の那須、谷あいの小さな世界だけどルーペで見なければ知れない生命の営みでも観て、感じて、味わって見て下さいね。

では、少し地域の宣伝をして、今日はこれにて (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
スポンサーサイト



コメント

Re: 那須大好き

その内、ワンちゃんが散歩するのに適したところをお届けしますね。

ワンちゃんが、ゆったりのんびり気兼ねなく散歩できる、混雑する人気の観光地では無いけど結構人間も楽しめる場所をお届けしますね。

下旬まで待っていてくださいね。

那須大好き

素敵な所ですね
那須は自然や温泉、食材も豊で何度訪れても新な感動が有りますね。直ぐ近くにある自然、素敵な所に住まわれて、羨ましい限りです。道の駅の地元野菜やすいとんも大好きです。

我が家はワンこ連れなので、なるべく人の少ない自然の中をノンビリ散歩したいのですが、地元情報がないと難しいですね。
前回は、那須平成の森がワンコ禁止でしたので、八幡ツツジ園地を散策しましたが平日なので貸し切り状態でした(*^▽^*)。
ちょっと足を伸ばした「まめ散歩」でまた訪れるので、地元情報を楽しみにしています。
有難うございました。


Re: タイトルなし

還暦オヤジさん、刺身と言わないで、「ブツ」と言うところが良いでしょう。

このブツ、結構良いところを入れてくれるのですよ。下手をすると、お刺身をわざわざブツに切ってくれているような。

栃木県はそれで無くても海無し県、その中でも山国近くの那須地方、かつまたお店は田舎の山懐ですが、何故かマグロは頑張っているんですよ。

焼きそばもね、多分見たら、これはどうかなという代物ですがね、この下品さ感覚が美味いのですよ。


高級料理はお目にかかれませんが、下々は下々なりの美味しい味覚があるんですよね。



Re: タイトルなし

そうですよね (*^^)v

人間も生き物ですから、自然の中が一番良いですよね。

その意味でも、栃木県の北部の那須は自然豊か。

どうしても都会が恋しければ、新幹線で1時間10分で東京ですから恵まれています。さっさと、帰りたければお帰り下さいと言いたいです。

首都圏から越してくる人の中には、田舎で文化が無いと嘆く人もいるのですが、文化って何ですか?とも言いたいのです。

今まで誕生した来た絵画や音楽など、どこで生まれたの?と言いたいですよね。


文化会館、映画館など施設が多ければ良いのですか?
そんなことばかり言うから、田舎の自治体は無理してあちこちに文化会館など箱モノを建ててしまったのですよ。馬鹿でしたよ、反省しまくりです。

本当は、貴方が感受できない鈍感さが悲しいのではとあえて言いたいのです。しかし、それ程、田舎の人は自信も無いのですがね。

ちょっと、偉そうでしたかね (;^ω^)

でも、地方行政を担ってきたつもりの那須オジサンは、反省もしますが、勝手なことを言うのはほどほどにと言いたいですね。



お早うございます。

さすが!
早い秋を感じる場所ですね!
夕陽の中に揺れるススキなんてのを見たら、たまらなく嬉しくなりそう・・・(^_^.)

帰り道に、「ブツ」と「焼きそば」をテイクアウトするなんて呑み助さんもお元気で何よりです。

自然豊かな場所にいられるだけで
気持ちは違うもの

大都会のビル群地域にお住まいの方と比べると
多分ですが気持ちのゆとりが違う気がします

デコ。。旅で品川に泊まった
窓からの風景を見た時

ここ。。1週間もいたらノイローゼになると
思いました( ;∀;)

自然は最高です^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ