FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
南の方では台風が猛威を振るい始め、困ったことになりそうです。

我が地区の秋祭りも、日本を真っ二つに縦断しそうとのことで、この日曜日に神輿や山車の飾り付けなどを予定してましたが、祭りの前日に頑張って準備するということで作業延期の連絡が入りました。

でもね、昨日はそれなりに快晴でした。

家から見える手近な高原へお出掛け。

イメージとしては甲羅干しの感じで、ゆっくり時間を贅沢に過ごして来ようという算段です。

ブログ 秋の空、雲は流れる.jpg

2、30分ほど車で走ったでしょうか、目的地に到着。

やったーぁ!!

やっぱり、誰も居ません。勿論、車も無いです。
100台程度は駐車可能な整備されている場所に那須オジサンの車一台が駐車。

秋風は少し強めですが、微かな香りを含んで吹き渡っています。

しっかり下草を刈って整備されている丘に登ります。

ブログ 山でコーヒーをね.jpg

今日の目的は写真撮影ではないんです。でも、カメラは持参してますがね (^^)v

初秋の高原に身も心も晒すことが目的です。それには人が居ない、しかも開けたところが嬉しいのですね。

贅沢な空間と時間が流れています。貸し切りですよ !

荷物は今日は多いです。
カメラ機材のバック、三脚、超望遠レンズのバック、お楽しみのコーヒーセットのもろもろ。そしていつも肩にかけているバック一つ。

一番高い所には、3本の旗の掲揚塔、脇にセレモニー用の石作りの演台、ちょっと下にはベンチとテーブル。

ブログ アケビ、鳥が食べたのかな?.jpg

もう一つのベンチの上には、鳥がどこかで採ってきて食べた後のアケビの残骸。

音は、遠くから聞こえる野鳥の声。
風の音。

旗のポールが奏でる音。
若者か誰かがドライブを楽しむ車の遠くから聞こえるエンジン音。

空にはゆっくり流れる白雲。時々、風の中を飛んで行く野鳥。

ブログ 雲.jpg

さっきの祭りの連絡はここで受けています。
この辺りまでは電波が繋がります。

那須オジサンも、写メールを一つ。
でも、迷惑だったのか返事なし!

ベンチに座って、大きく伸びをして、息を大きく吸って身体の中から汚物を出すように繰り返します。

幸せな時間、心地よい空間。
日射しが寂しさを打ち消して湧きあがるのを止めます。

ストレートネックになって上手く動か無い首を天上にあげれば、大好きな飛行機が。

ブログ 大寒航空ボーイング747 飛行機が成田へ向かうのかな?.jpg

大韓航空のボーイング747です。
成田に向かうために、東進してから茨城上空で向きを変え、西進して行くのです。

たまに家でも飛行機の飛ぶのを見上げて、ネットで飛行機を特定し楽しんでいるのですが、昼でも夜でも見上げて目に入ると、心がワクワクするのは何故なんでしょうかね。

ブログ 日光女蜂山を臨む.jpg

西方を見ると遠くには日光連山の女蜂山の雄姿が見えます。

目を南に向ければ、今日は霞んでいますが、筑波山の双耳峰も見えます。

柏にある病院に入院した時は、身近に山や海などの自然が見えず、唯一、この筑波山を眺めては心癒していました。
50歳の、これで死ぬのかなと一時覚悟したことも今は思い出になっています。

「山の上  風に吹かれて  一人おり」(nobotyan詠む)

人の心はそうそう伝わりません。
同心する人がいる人は本当に幸せです。命を掛けでも大切に。

ちょっと、秋風に吹かれて、センチメンタリーなオジサンになりました。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~

次回は、少し早い秋の走りを、那須から中継しますね。



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

もしかしたら、悲しい思い出が浮かんでしまったのでしょうか?

少し申し訳なく思います。

公開しているとは言え、気ままに綴っているので、気使い不足や、一方独りよがりの弱音も出ますし、ぼやきもします。

でも、人を傷つけるようなことはできる限り避けたいと考えています。

本当は、クスリと笑って頂いたり、優しい気持ちになって頂けるものを書きたいのです。

中々そこまでの文才が無いので難しいですね。

那須の広い大地の片隅で、自分なりの楽しみを見つけ、それを伝えて行きたいのです。
それも、観光ガイドのようなものでは無くてね。

お元気で。
お互い今日から明日にかけての台風に気を付けましょう。

贅沢な場所で贅沢な時間・・・
・・・淋しさは飲み込んで。
そうは思っても、やっぱり私はほろりとしました。
自分に置き換えて。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ