FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
この蛇尾川ダムはそうそう来られるところではありません。

長いトンネンルを抜けた先にあり、上部のダムの解放感とは違って、V字谷の奥深くに有るからです。沢を奥深く詰めてくる渓流釣りの人ならダム下まで来られるでしょうがね。

黒部ダムのように観光に開放されているのなら行けるのですが、ここは開放されていませんので那須オジサンも初めての訪問です。

ブログ 塩原ダムの湖水.jpg

こちらのダムには水が少ないですね。これは上部ダムへ水を送った後で、発電するとき落とされた水が溜まる場所になっています。

ですから、揚水式発電は水を行ったり来たりさせて使うので、一種上部ダムは蓄電池の代わりになっていると言っても良いようです。

ブログ 塩原ダムの説明板.jpg

説明板を見て頂ければ説明するまでもなさそうですね。
ここでも案内してくれている東電の方が丁寧に説明してくれます。

ブログ 塩原ダムの説明.jpg

皆さん地元の人間ですが、熱心に聞き入っています。多分初めて来た人が多いのでなはいでしょうか。

この川は小蛇尾川と言いますが、すぐ下で合流する大蛇尾川と合流し、我が街の当たりは伏流水になって普段は水を目にしないという珍しい河川の蛇尾川になります。先日の人気のNHKの番組のブラタモリでやっていましたね。

我が家からは4キロくらい離れている河川ですが、水が無いので遊びに来るという川でなく親しんだ記憶は無いですね。

でもね、二十歳代は山を結構やっていましたので、上流まで遡って行ってその当時の小さな東電の管理小屋に無断で泊まって酒盛りを楽しんでいました。

半分放置されたような小屋でしたが充分山小屋として機能していました。五月連休の密かな遊びでした。

ブログ 蛇尾川ダムの.jpg

ダム下では少し放流をしています。
すぐ下の場所ではこの川の水を利用しているので水利権がありますから適度な量は流す必要があります。

我が街は明治期の開拓ですが、その南の方には城下町の大田原藩が有って、江戸期にはこのすぐ下流から水路を作ってはるばる水を引いていました。蟇沼用水と言いますが、途中では使用できず開拓ができなかったのですね。

何か郷土誌のお勉強のようなことを申し上げましたが、詰まらないでしょうからこれにて今日は仕舞い。

では、また明日 (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ