FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
今朝から那須地方は強風が吹き荒れてます。
ただ、空は雲1つない快晴。風が全ての白雲を吹き飛ばしたのでしょうか。

山降ろしの風を避けるため那須地方でも南の方へと車の鼻を向けました。
那須地方は古都のように由緒ある寺社があまりありませんが、それでも高原から離れた南部の方は、芭蕉の奥の細道でも滞在日数が多かった場所があります。
2016 11 16 六地蔵の一番優しい仏.jpg
奥の細道の玄関となる、白河の関の手前に当たります。

今日は隙間の時間を狙って、黒羽の大雄寺を訪ねました。
訪ねるお客様も少なく癒しの時間を過ごせました。

十六羅漢様はそれぞれの佇まいで木立の中で優しく、また叱咤するような力強さでそこにおわしました。
静寂、晩秋の柔らかな日差し、濃密な空気がありました。

2016 11 16 大雄寺の紅葉.jpg
赤色は人を鼓舞する働きがあるように思いますが、楓の赤はどうなんでしょうか。
散り行く最後の姿という感傷があるのか、哀れを人に伝えているように思えます。これも人それぞれの感慨なんでしょうね。

2016 11 16 ススキと鐘楼.jpg
境内の中のススキは風にもまれていないのかまだ艶やかに鐘楼を引き立てています。

2016 1116 大雄寺の入り口の地蔵さん ブログ用.jpg
このお地蔵さまが入り口近くにあって優しく中へ誘ってくれました。
合掌、感謝。

さて、今日はこれまで

次は、羅漢様と少し対話してから、ブログへとお出まし願うことにします。
今日はとてもいい日でした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ