FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
はや年寄りの割引が適用されるようになったオジサンです。

妻や、猫、犬は、天国で楽しく暮らしているでしょう。
僕は、寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなと。

皆さんにお役に立つことも、最小限ですが、やりながら少しづ
つ前に進もうと考えてます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
那須オジサンは、妻からも普段はゴリラのような顔、怒った時は赤鬼さんと言われていましたよ。

本人は、仏のnonotyannと自称していたんだけどねぇ (^^)v

ブログ タマアジサイに隠れるアキアカネ.jpg

この季節標高が高い場所ではタマアジサイさんが愛くるしいまん丸のお目メで迎えてくれます。開いた花も綺麗ですが、この真ん丸な坊主頭を見ないと詰まらないですよね。

トンボさんが隠れていて、恥かしがって姿を見せてくれませんですよ。
ちょっとメンタマだけ覗かせているのが判るかなぁ?

湿原の方では、避暑をしているのかアキアカネさんがモデルのようにポーズを決めています。

ブログ ミソハギにアキアカネ.jpg

爽やかな高原のそよ風に揺られています。ミソハギに止まっていますが、少し離れているせいもありピントが甘くなっているのは腕のせいですがお許しを。

さてお花を探します。

ありましたよ。

ブログ 白い花 1.jpg

白い花ですからバックを黒くできたらいいなぁと思って撮りましたが、如何でしょかね (;^ω^)

自己流の独学でカメラをやっていたら、今は楽しくでも難しく、まるでじゃじゃ馬お嬢さんに遊んでもらっているようです。

この後、思わぬ人に出合いました。
妻の高校生からの親友で、少し離れたところに転居したので、交流が少なくなり多分、10年、20年単位で会っていなかった女性に出合いました。

しかも、観光地もでも無い、奥まった池のほとりで、写真を撮る人は来ますが普通の方は殆ど見掛けないところに独りでいました。

最初はお互い判らずちょっと会話を進めていて、僕の住まいを聞いたので、言うと、もしかして○○さんでは?言います!!

僕も直ぐわかりました、ああ、○○さんですね!

よく聞くと、ご主人の出身地なのでここら辺は良く来ていて、写真が趣味でこの辺は沢山撮っていたそうです。
体調も良くなかったので今は止めていて、機材も沢山あるから僕にくれると言いますが、丁重に断りました。

独りで来たのではなく、娘さんとで、娘さんは草木染めをやっていて、その材料を探すので離れたところに居ました。

いやー!
本当にびっくりした邂逅でしたね。

仏壇に報告しておいてねと言われたのですが、当然に報告しましたよ。妻が導き合わせたのかなぁ、お盆も近いしね。

撮影ポイントを少し教えてもらってから別れました。

ブログ 上手くスポットライトが撮れないねぇ.jpg

何でもない木立の写真ですが、スポットライトが当たっているようで撮影。
しか~し、思いとは裏腹に技術と感性が無く、ダメの見本になりましたよ (≧▽≦)

その内、何でもない景色を、自分の感性を研ぎ澄まし、ちょっぴり技術向上も図ってものにしたいですね。

さて、最後は僕の大好きなレディーを登場させて締めますね。

ブログ お花畑に佇む洋館.jpg

やっぱりいつ見ても綺麗ですね、我が愛すべき洋館は。
大好き!

では、今日はこれまでとします (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト
コメント

Re: タイトルなし

ルンナちゃんが来ても良いですよ (^_-)-☆

この別荘はね、京都の東山の無鄰菴(むりんあん)の明治の元勲の山形有朋のものでした。

那須地方は、明治期の討幕の論功行賞なのか、広大な官有地で未開の荒野だったので、有名人の別荘が多く建っていますよ。


本当はね、明日から京都、滋賀への旅だったのですが、猛暑と台風のために急遽キャンセルしました。一人旅の予定だったので気ままに決められますね。

再度、暑さの峠を越えた頃に出掛けようかなと思っています。

へえ~~、そんな奇遇もあるんだね。
嬉しいね!

たびたび見せてもらう洋館、黄色い花の向こうに静かに佇んでいるね。
ここにもルンナが登場してもいいかな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ