FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
はや年寄りの割引が適用されるようになったオジサンです。

妻や、猫、犬は、天国で楽しく暮らしているでしょう。
僕は、寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなと。

皆さんにお役に立つことも、最小限ですが、やりながら少しづ
つ前に進もうと考えてます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:
浪岡から普通電車で新青森のはずでしたが、特急津軽が先に来たので、新幹線も1本早め盛岡へ移動します。

今日は2日目の夜の夕食の話。

盛岡は若い時分から何度も来ている街ですが、観光をしようとするのではなく結節点の宿泊地と言う感じで訪れることが多いです。

夕食は、仲間が予約してくれた洋風の居酒屋でした。
人気店のようで、スタッフもお店も今風でテーブル席でイタリアンレストラン風です。

賑やかに会話する居酒屋状態で僕は少し苦手なお店です。

2日目の夕食 1.JPG

僕らしくない海鮮サラダなんて頼んじゃたりして、場の雰囲気に合わせるオジサンです。

でもね、何度も言うようだけどお刺身は外せないのですよね。所謂僕にとってはご馳走になるのでね。

2日目の夕食 2.JPG

1階が小さな魚屋になっていて、その魚屋が経営する三陸直送の海鮮物が売りと言うコンセプトになっているようです。

世には沢山、魚屋が併設したという美味くて安い飲み屋がありますが、そういうものでは無いですね。

真ん中にある黄色い刺身はホヤですが、新鮮でかつ独特な苦みと香りは久し振りに食べておいしかったです。

「夏寂し  今宵の宿の  ホヤの味」(nobotyan詠む)

帰っても待ち人が居ない旅の空、ちょっと寂しくもなりますね。

2日目の夕食 3.JPG

メニューを見たら、生ガキ1個500円とあり頼んでみたら大ぶりで美味しかったですね。
山形の酒田や鶴岡で食べる大ぶりの夏牡蠣には値段的にもお安いので比較できませんが十分食べるお値打ちものだと思いました。

やっぱり白ワインと言うことで合わせて見ましたよ。

でもね、店内がやっぱり五月蠅いのはどうも苦手、早々に移動です。

2件目は、バーにします。
所在地近辺に来ているのに中々見つかりません。階上へ繋がる入口が、歩道からは見えず、携帯の営業所に向かって歩道から一歩踏み込んだ右手に有るので見つけにくいのです。

バーと言うのは結構見つけにくいところにあるものが多いですよね。

2日目の夕食 バー2.JPG

まだバーにしては時間も早く、結構座れるカウンターに3人ほどのお客が居ただけです。
奥まった3席に落ち着きました。

若いスタッフが3人、それなりに適切な対応をしてくれます。

まず、最初はジントニックです。

2日目の夕食 バー.JPG

自分でも晩酌はジントニックを必ずと言って良いほど飲んでいるので、手始めは何処のバーに行ってもジントニックです。
軽く優しい味がしましたが、ジンの選択もそうなんでしょう。

バーで、写真を撮り続けるのは野暮すぎるのでこの1枚だけで以下は有りませんよ。

2杯目は、ソルティドックを。何だか量も多く薄目に仕立ててありますね。

ウーン、ちょっと物足りないので、茹で落花生(子供の頃から落花生好きで、僕の体の基本は落花生太りと言うくらい食べてるね)とホワイトレディをオーダー。

はい、少しお勉強になりましたよ。
お値段も後で会計担当に聞いたら一人片手を切っていたので、バーの雰囲気も入れた全体的な評価では、「了」と言うことで。

生意気にも、優、良、可などの優劣を僕は言いませんよ。食べログじゃあるまいし、点数化などしませんよ。

近くに来たときはまた立ち寄っても良いよと言う時だけ、お店のお名前を出させて頂いてます。

さて、帰って寝るだけです。

それにつけても、ちょっと元気の無い旅仲間が少し気がかりですが、ホテルに戻りネットにつなぎブログを見ていたら寝てしまいました。

では、そんな訳で今日はお仕舞 (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
スポンサーサイト
コメント

Re: ほや

新鮮なホヤは海の香り海の味だと思っています。

一方、ちょっと古くなるとどうにも不味い!

例の大地震の時に被害甚大だった三陸からの直送と言うホヤは新鮮で美味しかったですね。

☆ 妻と行きせし  海旅思う /nobotyan

どうも、同列に並べるとお恥ずかしいですが (;^ω^)


ほや

こんにちは!
良い旅を満喫されていらっしゃるようですね。
三陸の夏の風物詩ホヤ、馴染めない人も少なくないようですが、さすが食通ですね。
◆ 自転車の鈴高らかに海鞘売り来/むく

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ