FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
はや年寄りの割引が適用されるようになったオジサンです。

妻や、猫、犬は、天国で楽しく暮らしているでしょう。
僕は、寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなと。

皆さんにお役に立つことも、最小限ですが、やりながら少しづ
つ前に進もうと考えてます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:
お早よー!と今日も元気でお目覚め。

オジサンは、途中で何回も起き、あまつさえ、朝も早くから起きられてしまうのです。だからって、寝ないでいられるというのでも無く、どこかで補充はしているんですよね。

仲間は、バスや列車ではすぐ寝てしまうのですから寝不足は無いでしょうね。

ブログ ホテルの朝食もしっかり摂って.jpg

家でも3食しっかり食べるオジサンですが、ホテルでもしっかり朝食を頂きます。

ブログ 朝 ホテルの小さなま窓枠から津軽富士 快晴.jpg

朝から快晴、自分の部屋から朝早くにお天気を確認し、少し離れた市民農園の作業を見ながら寝起きの充電をしてから、シャワーを。

お岩木山の尖がり胸の頂きがくっきりと、今日は楽しく遊んでねぇと優しく微笑んでいます。

6時50分からと言う朝食時間を待ちかねて、仲間のドアを叩いて食事を誘います。
見ての通りそれなりのバイキング朝食を腹に収めました。

食べ終わったら、荷造りを確認して部屋を後にしてホテルを出ます。
幸いにホテルの前にタクシーが来ていて直ぐに乗れて五所川原駅に向かいます。

ブログ ちょっと味気ない五所川原駅へタクシーで.jpg

五所川原7時58分の列車です。
駅舎は、旅情を誘うようなものでは無いですね。それより駅前のバスの待合所の方が古い木造で風情を感じますね。

ブログ 向こうには津軽線の走れメロス.jpg

今日からが本当の本番の旅行なんです。
斜め向こうには、もう20歳代始めの頃から言えば何度か乗っている岩木鉄道があります。冬にはスルメを炙って食べるストーブ列車有名ですね。

太宰治の走れメロス号がありますね。

ブログ 思ったより簡単な名付け理由 五所川原.jpg

五所川原の名前の謂れは何だと仲間に問題を出したら簡単に当てられました。かなりベタ名前だったんですね。
質問して損した気分 (;^ω^)

ブログ 木造駅の縄文土器のモニュメント.jpg

五能線の旅、たった7分で木造駅に到着。
駅を出てタクシーの営業所へ向かう道、ちょいと振り返ると、あれは何じゃぁと言う物体あり。

この土偶は知ってはいたのですが、この木造駅と言うことをすっかり忘れていましたね。

タクシー営業所へ行っても誰もいず、電話のみ鳴り続けるだけ。
しばらくしたら戻ってきました。

何、元ご同業者で早期退職をして今はタクシーの運転手を。市町村合併の話を一しきりしていると到着です。

実は直前に大変残念な話を地元の市役所から聞いていて知っていたのですが、想像以上にありゃぁと言う感じ。

ブログ ベンセ湿原の案内図.jpg

4千円弱のタクシー代金を支払って到着。ここに又迎えに来てもらうことに。

ブログ 花の盛りに合わなかったベンセ沼と岩木山.jpg

想像以上の有様でしたね。

ブログ 柏の小さな森に続く木道.jpg

「ああ、夏草や 夏草や」と俳聖の芭蕉をもじって嘆いてみましたよ。

2時間ほどして戻ってきたら、駅員さんが、朝に僕らがここを通過していったことを覚えており(だって、乗降客は皆無に近いですからね)、どこまで行ってきたのかと不思議そうに尋ねます。

土偶の資料館ならすぐに帰ってくるはずと踏んでいたのでしょうし、ここまで時間を使う行き場所が思いつかなかったのでしょうね。

そんな地味な場所でしたよ。

でも、何とかお花は探して撮影したので、明日はお花を中心に掲載しますね。

では、今日はこんなところで、また明日 (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト
コメント

Re: タイトルなし

僕のは交換レンズて対応するのでとても持参できないので旅の時は野鳥は諦めています。

これからはたまには1泊くらいの撮影旅行で機材を積んで行くことにもチャレンジしてみますかな (*^^)v

そうそう、デコさんの地方とは違うのでしょうが、北海道は水害で大変のようですね。
皆様ご無事でありますこと、また最小の被害に収まり、夏の観光シーズンが盛況で地域が栄えますよう祈念します。

デコは旅に行く時は野鳥用しか持っていかないよ
一応近くも撮れるカメラだから

1台のみです

タムちゃんは野鳥用じゃないし
2台も持ってったら身体に負担掛かるしね
。。体力ないので(笑)

Re: タイトルなし

湿原の所々に柏の木の小森は有るんだけど、行った日は暑かったですね。

野鳥の小さいのを見つけましたが、レンズを持って行ってないので撮れませんでしたね。

背負って歩くのは辛いので標準だけしか持って行かいのです。

デコさんは、旅行の時にも頑張って交換レンズを持って行くんですかね?

気持ち良さそうだけど
木もないから野鳥さんもいなそうだもんねっ

風を感じられたとおもって^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ