FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
はや年寄りの割引が適用されるようになったオジサンです。

妻や、猫、犬は、天国で楽しく暮らしているでしょう。
僕は、寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなと。

皆さんにお役に立つことも、最小限ですが、やりながら少しづ
つ前に進もうと考えてます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
あのねぇ、那須のオジサンもちょっとばかりお花をやってるんだけどね、ブログなんかで見るととてもここに出すのが恥ずかしい感じですが、男だからと居直って時々表出させてます。

もし、鼻白む方がいらしたら、そこはおっちゃんだからと軽く受け流しておいてくださいね。

さて、その花ですがね。

ブログ 家に飾った花 1.jpg

これ、切り花なんですが、以前にね、これ知り合いの家で作っている花なんですが、墓前にどうぞと頂いたことがあるのね。

僕は、花屋さんで買って行ってお墓なり仏壇なりにあげるんですよね。彼岸、命日、お盆など4,5回必要なんですが、1回くらい自分の手作りの花で飾るのも悪くないかもと初チャレンジなんですよ。

この花が沢山お盆に咲いていたら嬉しいなぁ。

「夏日や 色とりどりに 空仰ぐ」(nobotyan詠む)

ブログ 家に飾った花 2.jpg

僕は基本的にツルバラが好きなので、活けて見栄えはしないのです。
でも、ちょっと飾るのは結構素敵な気がするんですよね。それに、部屋中良い香りがして気分が少し高揚する感じ。

「香り部屋  もう一人いる  バラ一つ」(nobotyan詠む)

でもね、強い香水の香りはご勘弁をですね。特に外国の人に多い気がするけど。

ブログ 君が放つ芳香は素敵だね.jpg

このバラ、切って家に飾ろうとしてい居たら、偶然、若いおばあさんと小さな女の子(多分、児童クラブへお迎えの帰り)に出くわせて、もし良かったらと声を掛けたら、そのお孫さんが頂くとばかりに近づいて来たので2本差上げましたよ。

良かったねぇとお孫さんに言って、2人で感謝の言葉を僕に残し、手を繋いで楽しく帰って行かれました。

でもね、こんなやり取りも今のご時世では下手に声を掛けられないですよね。

ブログ 最初に植えたアンジェラが家を飾る.jpg

このアンジェラ(多分ですよ)というバラ、最初の頃に植えたのですが、何とか生き延びていて我が家を彩ってくれてます。

通学路のフェンスに咲くので可愛い学生の目に留まり少しでも癒しになればとは思っているんですがね。

ブログ 女学生、時にはバラを見てくれるかな?.jpg

まあ、オジサンの思い入れは、もしかしたらストーカーに間違われるかも知れないので注意します。

数年前までは学校の方針なのか、時には後ろ向きに菜園の管理をしている背中にも、こんにちは!の元気な声が届いていましたが、この頃は止めたのかあまり聞いた記憶が無いのです。

これも寂しいやら、すさんだ世の中を恨むやら何とも言えない世の中ですね。

ブログ 君も何時も僕を慰めてくれるね.jpg

まあ、那須のオジサンもお花にはいろいろ慰められ励まされ暮らしているということですね。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
スポンサーサイト
コメント

Re: タイトルなし

バラの管理は結構面倒なんですよね。よって、枯らしたり、イジケテ上手く育たなかったりで困っています。

でも、良い香りをその辺に放っているときは、バラっていいなぁと思うんですね。

菜園も満足に管理できないのに花づくりに挑戦なんておこがましいのですが、食べ切れないほど作っても仕方がないので、一部転作した次第。

上手くできるようになれば、もう少し他のものにもチャレンジですかね。

Re: タイトルなし

僕もですね絵心が無いので花を生けるのは上手に出来ないですね。

まあ、それなりに気持ちだけ込めて活けて飾ってますよ。

お早うございます。
バラなどは、手入れが大変ですが凄いですよ!
花のある庭先は和みますからいいものですよね。(^_^.)
仏壇へのお供え花も、自宅の庭先の花が一番の供養になるのだとか・・・
大変でしょうが、頑張って育ててくださいね!

すごいですね^^

デコ花瓶に花を飾るの苦手です
いつも実家の仏壇の花花瓶にいれるのですが

切ってそのまんまさしてセンスないって( ;∀;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ