FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
はや年寄りの割引が適用されるようになったオジサンです。

妻や、猫、犬は、天国で楽しく暮らしているでしょう。
僕は、寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなと。

皆さんにお役に立つことも、最小限ですが、やりながら少しづ
つ前に進もうと考えてます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:グルメ、手料理
普通なら予定が半端で出掛けられないような日曜日なら、何もせずまったりと、本を読んだり、テレビ、ビデオなどで過ごします。

昨日ブログに登載したように午前中は自治会の資源ごみの回収の作業があり、また雨模様なので午後は自宅に沈殿します。

でも、何だか主夫をしようと思ったのです。

ブログ 作り置き料理の材料.jpg

近くのスーパー(1キロ以内に3軒あるんですよ、近いのは200メートル)に行き、基本となる調味料や香辛料を購入し、その他は適当に品物を見て食材を買います。

そうだ、酒の肴になる作り置き料理をやろうと決めました。

その前に、基本調味料の中には金曜日に買ってきた青梅2キロを付けねばなりませんので、その材料も入っています。
本来なら我が家の梅の木は十分な実を付けますが、今年は花が咲いている時にバッサリ切って背丈を極端に短くしたので実を殆ど付けていません。

ブログ 梅の下ごしらえ.jpg

午後は女子のプロゴルフのテレビが有るので、ベットの上で梅の下ごしらえ。台所にもテレビは有りますが、のんびりやるのは寝室が最高 (;^ω^)

写真を見て、バックの紺色の配色が結構良いじゃないと思いましたが、これは僕の毛布の色。オレンジはトレイの色。
ヘタを取ったりしながらテレビ。

ブログ 梅を漬ける材料.jpg

勿論、梅を漬ける作業は台所です。
僕は、結構長いこと梅を付けてきましたが、食べるのは妻で、よって食べ切れず古いものも残っています。

梅酒の大きな瓶だってもう10本以上あるでしょうね。作るのが目的で呑むことは二の次ですからね。梅干しも同じ。

で、昨年減塩を考えて塩を10%にして、その分酢や砂糖を入れる方法にしました。
この長所は、梅酢は料理の甘酢のもとになって出汁で調整したりすれば美味しく使えるし、クエン酸も入っているので熱中症対策に呑む水分もこれを薄めてゴルフに持って行けば、粉末のスポーツ飲料の代わりの材料としても重宝します。

勿論、梅もしょっぱくなくて美味しいのですね。

ブログ 材料を投入し終了.jpg

この梅干しは、普通のものと違って早く食べ始められます。

さて、夕食一緒に作り置きの方にも取り掛かります。

ブログ 作り置レンコンキンピラ、シナチク煮きの.jpg

レンコンのきんぴらとシナチク煮ができました。

次には、少量ですがちりめんも売っていたのでこれも自家製の実山椒(醤油煮と青山椒を使いましたよ)を使って箸休めを。

ブログ ちりめんジャコ.jpg

ちりめん山椒もお酒のお供にもなりますよね。

この他、冷蔵庫でお休みしていた福島県の会津地方の名物御つまみの、ニシン山椒も漬け上がったって来たので、オジサンの渋い酒のおつまみは戦闘態勢十分になっています \(^o^)/

あと足りないのは、「おひとついかが?」と言う声を発してくれる誰かですかね?

これ以上進むと妄想が肥大化するので、これにて今日は終了です。

では、また明日 (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
スポンサーサイト
コメント

Re: タイトルなし

へぇへぇ!

たまににはちょっと遊び感覚で調理をしてみたくなるんですよ。
普段は、義務的な家事ですがね。

そうですか、お酒は基本的にはしないのですね。
ですから、車の旅先でも問題なく運転出来るんですね。

僕なんかは、旅では、昼でも、夜でもちょっと美味しいものに有り付こうものなら、お酒が無いと我慢が出来ないのですね。
ですから、余計に車の旅は避けたいのです。

旅仲間もそのような考えだから皆車を出すとは言いださないのですよ。止むを得ず最年長の僕が出すことが多いのですが、この頃は近間のところは誰も誘わないで独りで行くことにしました、最初から呑むのは諦められますからね (;^ω^)


ハイ、よく頑張りました。
ハナマルを差し上げます(^_^.)

我が家も知り合いから、毎年のように梅をいただきます。
二人とも下戸なので、梅酒は一度つければ3年は持ちますし、その間は”梅ジュース”にして夏場に冷やしていただくようにしているんです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ