FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
はや年寄りの割引が適用されるようになったオジサンです。

妻や、猫、犬は、天国で楽しく暮らしているでしょう。
僕は、寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなと。

皆さんにお役に立つことも、最小限ですが、やりながら少しづ
つ前に進もうと考えてます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:
五月、初夏の那須は最高ですよねぇ !

1年で一番輝いて居る時だと思います。
寒い冬から解き放たれ、爆発するが如く緑があふれる季節、空は群青、雲は純白で先端はキラキラと輝いています。

心はあくまでも柔らかく、顔は上を向いて、胸を広げて那須野の大地に広がる光景を素直に見て下さい。

ブログ この初夏の緑にあと何が必要なんでしょうか.jpg

仕事や世事にまみれて下を向いている人が何と多いことか。
詰まらぬことに、まるで鎧を着た様なかたくなさで対峙している人が殆どですよね。

何かに負けないようにとね。

この光景を見てごらん、あなたには何が大切なのですかね。

「 よろい脱ぎ 初音の声も 過ぎし日に 早や盛夏にも  気付かず過ごす 」 (あれれ、nobotyan 和歌になってるじゃんかぁ (;^ω^) )

ブログ 谷間の とどく水音 若葉かな.jpg

ここは、カメラマンやハイカーに人気で関東近県からも沢山のお客様が来訪するポイントです。
連休には大勢来て駐車場からあふれて路上駐車も多くありましたよ。僕はあえて参戦せず、地元民としてお譲りさせて頂きましたよ。

「 谷あいの 水音届く 若葉かな 」 (nobotyan 詠む)

ここはスッカン沢と言って滝あり渓流ありで人気のスポットです。
僕は、もう少したった中途半端な時期に出向こうと思います。

何せ人見知りする那須オジサンですからね。
この地で会ったベテランカメラマンの方には、以前にハイカーの格好ではなく、ベタに長靴で行くのがカメラマンの常識と教示されています。

ブログ 君咲て  匂うがような 夏のズミ.jpg

そうそう忘れる前に載せておかねば。

「 君咲て 匂うような 白きズミ 」 (nobotyan 詠む)

ブログ いろどりを  どちらが添える 夏の山.jpg

山を下ってきました。
どうも少ないとはいえ車が追いかけて来るような気配。

停車し、車の中からパチリ。

「 いろどりを どちらが添える 夏の山 」 (nobotyan 詠む)

さて、あなたならどちらに軍配を上げるんでしょうかね。

僕は、○○の方ですがそれぞれその人の思いも有りますからね。


最後は里に降りて来たところで、我が憧れの君にご対面。

離れたところから超望遠で覗いてみます。

ブログ やかた窓  君がお顔を  見ゆる夏.jpg

こんな別荘に住んでいる人はよほど素敵な方のはずですが、実際は無人の歴史遺産です。

京都の東山の明治期の別荘群の中で、唯一公開された別荘があるのですが、この持ち主だった人と同じ歴史的に有名な人のものですね。

僕はこの別荘に惚れているので頻繁に通っています。入館すると少しだけお金は掛かりますが外からならタダです。
滅多に来客が無いのですよね。

「 やかた窓 君がお顔を 見ゆる夏 」 (nobotyan 詠む)

さて、これにて初夏の僕のホームグランドの周遊は一旦お仕舞です。

では、またね (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ