FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
古都奈良では、吉野千本桜の予定が狂い、御仏めぐりを堪能しましたが、あまりにも逢瀬を重ね過ぎて許容量を超えてしまって、早めに切り上げお暇することにしました。

半日ほどお口直しにしっとりとした京を味わいに移動です。

旅仲間の相棒Aさんが超有名なところを観たいという希望もあり、僕も大昔のことで忘れつつあるので突入と言う感じで行きましたよ。

ブログ 小雨降る銀閣寺.jpg

来ましたよ、銀閣寺。
小雨が降っているうえに、傘をぶつけつつ歩く按配で、すごい混みようです。

色んな外国語が飛び交います。

ブログ 流石の賑わいの銀閣寺.jpg

波紋の銀沙灘(ぎんしゃだん)と白砂で作った向月台など綺麗ですが、雨のシチュエーションは問題ないのですが、この人間の数では趣など味わっている雰囲気ではないのです。

ブログ 銀閣寺のパンフと入場券.jpg

入場券はお洒落ですね、お札になっています。

Aさんも何故今までお連れしないかを十分身に滲みて判ったようで、早めにお暇すべく回ります。

ブログ 銀閣寺 初夏へと装いを移す庭.jpg

植物たちは拝観者のせわしない歩みに関係無く、季節と言う時の流れを時々の気候に合わせ彩という表現で輝きを放ちます。

ブログ 銀閣寺 雨中のドウダンツツジ.jpg

ツツジに付いた水玉をゆっくりマクロレンズで撮りたいのですが、まあ無理ですね、持っても行きませんでしたがね。

苔もしっとりと濡れて一種艶やかです。

ブログ 銀閣寺の苔庭.jpg

もしこれが拝観者が少なく静謐な時間が流れていたら、半日ほどゆっくり滞在して味わいたいお庭と景観でしたが、まあ、こんなもんでしょうね。

次は、やはり有名な哲学の道を案内ですが、銀閣寺道のお土産屋が並び、人の行き来で賑わう空間には入りたくなく、動物的感を働かせ脇道の、謂わば路地(京都は、「ろうじ」と読むのかもね)に入り、この先の道は繋がっているかなぁと心配しつつトラバース移動を試みました。

後ろには、唯一欧米人のカップル一組が付いてきましたが、途中で別れたようです。

では、今日は銀閣寺だけに留めてさようならですね。

では、またね (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ