FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
奈良の夜、2日目はさて何処へ行こうか。

昼間、実に2万歩も歩き疲れています。うろうろと動物的感を働かせて居酒屋を探すのもちょっとしんどそう。

そこで居酒屋めぐり名人の「太田和彦」さんの情報を参考に、大好きな信州の田舎の名前を付けた鬼無里(きなさ)に予約の電話を、ホテルに帰って来て一休みしてから入れたら大丈夫とのこと。

6時予約で出掛けた。

鬼無里は、昨年の塩の道のトレイルをするときに、長野市から信濃大町にバスで縦断し時にも通過した変わった村の名だ。今は長野市に併合されているような。鬼が居ない里とは素敵な名前です。善人だけが住んでいる場所ですから、極楽浄土のような場所です。

ブログ 鬼無里のオヤジ頑張るね.jpg

一見怖そうなオヤジさんだが、とても話し好きで、笑うと可愛い感じ。
写真を撮って良いかと言うと、どうぞお好きなようにどんどん撮ってとのお茶目な返事。

京都のおばんざい料理のように沢山の皿が並んでいます。

ブログ 鬼無里のオヤジの顔をちょっと登場.jpg

顔は映さないようにするねと言うと、顔でもどこでも大丈夫と軽い返事。
優しい対応です。

目の前の料理をまず頼みます。
食べたいもののリストを自分で出せと、注文書を渡されました。

名前が正確には判らないと言うと、雰囲気さえわかれば大丈夫と。
数量も書き込んだら、量の方はご主人が適宜判断して出すからご心配無用とある。

実に楽しいお店である。

ブログ 懐かしい味のニシン煮.jpg

ブログ これはキッシュかいな.jpg

ビールで始まり、途中でお酒へ。
日本酒の銘柄は四の五の言わず、燗酒と言うだけにすべしと事前情報で、それに従います。

銘柄など聴くと、日本のお酒と返事があるやなしや。

ニシン煮、キッシュを食べ、ジャガイモのグラタンへ。

ブログ ジャガイモのグラタン.jpg

ユニークなスタイルですが、これがとても美味しいのです。

ブログ 二日目の居酒屋 1.jpg

こんなにお料理を作るのは大変でしょと言うと、作るのは大変ではないのよとさらりとかわされます。
料理好きの僕も少しだけ納得。

イヤー、人懐こい感じで楽しくさせ上手です。

ブログ 鬼無里 色々あるぞ.jpg

席を離れて行って、お皿を覗き食べたいものを選びます。
他のお客様も同じようにカウンターに置いてある料理を、テーブル席を立って見に来ます。

一人で切り盛りしているので大変でしょうが、楽しそうに接客をしています。

最後に、季節もののタケノコを食べてお腹がクチクなってしまいました。

ブログ 季節もの タケノコ.jpg

もし奈良市内に今後泊まる機会があったら、ぜひまた再訪したいお店になりました。

ご主人には、訪問の情報源は太田さんだとバレてしまいましたよ。
会話中に、何処から来たのご質問で、栃木と答えたらあまりご存知ない様子でした。

関西からは、栃木を含む北関東3県が何処にあるか判らない方が多いような気がしますね。

最後には、信州のポスターがあったので、鬼無里の応援の為に1枚ここに登載。

ブログ 信州の鬼無里のポスター.jpg

信州の「オヤキ」という食べ物知っていますか?
山菜などの具材を入れた饅頭の様なものを、囲炉裏の灰の中に入れて焼いて食べるものですが、鬼無里村とかお隣でしょうか小川村辺りで地域の名物料理として売り出していますよね。

僕もお土産に買ってきたことが昔ありますね。大量に作るのは別な方法ですけどね。

さて、次はと二次会へ繰り出すところですが、とにかく鱈腹だし、足の疲労は半端ないですし、真っ直ぐホテルに帰りおやすみなさいでした。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ