FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
次は、東大寺の法華堂(三月堂)へ。

ここに収められている10体の仏像は全て国宝と言う贅沢な空間が待っています。

ブログ 桜と大仏殿.jpg

まず、今回は桜を最初の目的に来たので、代替えに大仏殿にお別れついでに1枚撮らせて頂きます。
桜は日本人の心です。

潔く散るという点だけを強調せず、咲く様、その艶やかさ、優しい微笑みなども感じ取りたいですね。

少しの移動で、法華堂に到着。

ブログ 法華堂(秘められた多くの像を安置、三月堂) .jpg

こちらのエリアは極端に観光客が少なくなりますよね。

このお堂に入ると静寂な仏の世界が広がっています。
座って仏様の前でこの雰囲気、この世界に浸っていられる座るスペースも有り、奥まって長く居続けているような人もいましたね。

僕らは、信心の心構えが薄いのか一通り見ると退出です。

中心には観音様。前を守るのは阿吽像の金剛力士像。

ブログ 三月堂のパンフと入場券.jpg

拝観料は別にお支払します。
パンフレットを見ると配置図も有り、秘仏で見られない1体も入れた国宝10体の像が、その大きさゆえかひしめくように配置されています。

入口を大きく開放しておらず、丁度良い光がその厳かさも引き立てています。
誰に言われずとも思わず手を合わせたくなる仏様達ですね。

ブログ お水取りの行われる二月堂.jpg

次は、お水取りで有名な二月堂です。
火祭りのような松明を付けて回廊を回る様が季節のニュースなどに取り上げられるので有名ですね。

ここは別に拝観料は不要で参拝できます。

ブログ 二月堂から夕陽を眺める.jpg

二月堂の西に張り出した舞台からは夕陽の奈良の市街が見渡せます。

「夕焼けに 人の息吹と 仏の目」(nobotyan詠む)

少し眼下にも、早や新緑の萌黄色の木々は心を休めてくれています。

ブログ 新緑の三月堂からの眺め.jpg

これにて東大寺はお仕舞です。
拝観時間も午後5時半までですから閉館します。

よって、当方も今日はこれまで (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ