FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
まず始めに、何故奈良へ?ということを。

昨年の桜の季節、茨城県内の「東の吉野」と言われる桜川に行って来ました。
優しい桜の山の風景は、あちこちにぽっと点いたボンボリのようで長閑そのもの。

では、やっぱり本家へも行かねばと混雑覚悟で突入すると決めました。
そこで、仲間を誘い丁度いつも使っているチェ―ン店のホテルに3部屋の空きを見つけ昨年の12月に予約。

切符も1か月前に購入。

でも、季節が近づくとどうも桜前線が早い移動をしてしまい、実際に行く時には葉桜状態になってしまっていました。
やっと確保したスケジュールですし、ホテルなので決行します。

勿論、吉野は往復の時間が掛かるので桜が無いのに行くのは物足りないので断念し、ベタな、言い替えれば正統派のお寺めぐりに徹します。

ブログ 大仏様.jpg

家から地元の駅に行き、次いで新幹線で、東京、京都、奈良へと進みます。
我が家の都合で家を出るのはゆっくりで、9時少し前。しかも、新幹線への連携が悪く駅でかなり待たされます。

近鉄奈良駅近くのホテルに着いたのは、もう午後4時少し前です。

当然途中で昼食を食べます。

ブログ 東海道新幹線のお昼.jpg

然らば、旅にお酒は付きものです。

ブログ やっぱり崎陽軒のシュウマイだよね.jpg

最強の御つまみを準備怠りなくしているので、車内販売で日本酒も追加。

奈良市内は、記憶に寄ればもう大昔の40年以上前に行ったきりの感じで、今回は、有名な寺院を網羅して回ってしまおうと思っています。

それも、今日と、明日だけにして、最後の日は同行者のAさんに京都のまだ行っていないという場所へも案内します。
一緒に京都は行ってますが、超有名なところはできる限り避けていましたので、その罪滅ぼしです。

前日に先発した仲間とホテルで合流し、4時から近くの東大寺へ。

本当に沢山の外国人の観光客で溢れています。

ブログ 東大寺三門.jpg

有名な南大門、圧倒される大きさですよね。

で、ここでこれまた有名な阿吽像の仁王様に出会います。阿吽像のコレクターですからね。

ブログ 阿吽像の阿形 仁王様.jpg

ブログ 阿吽像の吽像.jpg

有名仏師の運慶、快慶の作で、高さ8メートルもあります。心してお参りすべしと言っているようで、黙って低頭する気分になります。

ブログ バカデカい大仏殿.jpg

大仏殿(金堂)は、間口が60メートル弱もある巨大な国宝の建物です。
奈良の廬舎那大仏(本尊)は、15メートルほど、全て巨大ですね。

ブログ 多聞天.jpg

ブログ 広目天.jpg

脇を固める多聞天、広目天も大きいですね。

ブログ 定時のお勤め 大仏様へ.jpg

時間になりお坊さんがお経を唱えるのでしょうか。御尊顔を見上げるのも大変でしょうねぇ?
僕は、何となくですがこれだけ大きい仏様ですから、お坊さんが数人でお勤めをするものだと思っていましたが一人なんですねぇ。

では、だらだらと長くなりますので、今日は一旦これで (@^^)/~~~

「御仏の 前に立ちたる 我が裸身 行く春の日に 清しき光」(nobotyan 詠む)



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

こんにちは

旅にお酒は付き物に、激しく同意いたします。

東大寺のスケールの大きさは凄いですよね。
しかも、精密な造りをしていて更に驚かされてしまいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ