FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
昨日に続きます。

お昼近くなったのでさてどうしようかと。

ここは、一応白河地方。
妻と沢山行った思い出のラーメン屋さんへ行って克服しなくてはと。

ナビをいじると、4、50分ほどと。

さて、山を下ります。どんどん進むと街中の方へ、高速道路を越え国道4号も越え、南下します。

この前行ってブログで登載した南湖公園を少し過ぎ、さてそろそろと心は少し複雑。

到着!
ガビーン!あれー!

道路から見ると「工事中」の看板。
飲食店で、工事中という看板を見たこと有りますか?普通なら少なくとも準備中とか、臨時休業とかですよね。

外に止まっている車は一台。中では昼食の様子。ここで初めて、内装工事か何かで休業なんだぁ!

でも、他にも有名店もあるのですが、ここを克服するために来たのでサッサと諦めます。
男は一途に思うのですよね、だからキッパリお腹は空いていても諦めますね。

ブログ 2018 3 29 白河神社.jpg

で、帰り足にと、昼食はもうすっかり先延ばしで向かいます。

白河の関は、芭蕉の奥の細道でも有名ですよね。

皆さん、関所と言うと箱根の関所のように、出女入り鉄砲などと往来を吟味しているように思うのでしょうが、白河の関は実際には鎌倉時代には無くなっていたような。

よって、芭蕉さんは、古典の中や枕詞かで東北の入り口として強い意識があったのかも。

ここも、妻とは何回か来ている思い出の地ですね。

流石にこの陽気で桃は満開です。

ブログ 2018 3 29 古関跡.jpg

ここが有名な白河の関だと認定したのが白河藩の松平公で1800年だそうでそれまですっかり跡形も無かったということ。
普通なら江戸時代でも厳しくチェックしていたように思ってしまいますよね。これはいわば認定書ですかねぇ?

ブログ 2018 3 29 空堀跡.jpg

でも、平安時代からここは一応防御の地域で掘割や土塁もあった様子。

ブログ 2018 3 29 阿吽像の阿像.jpg

当然に、神社にはこれが無くてはなりませんね (^_-)-☆
狛犬ファンは、神社に行けば必ず映して来ていますよ。

やっぱり正統派の狛犬の阿吽像が待っていましたよ。

ブログ 2018 3 29 阿吽像の吽像.jpg

ここに結界があり、心して平身低頭してお参りしなさいと言う思し召しですね。

おお、可愛い顔の猫ちゃん風などと受け止めてはいけませんぞぉー。

僕も、それなりですがお参りはしましたが、さりげなくね。

神社では、お願いごとをするのではなく、ただ感謝しろとね。


では、八百万の神々に深く感謝して締めますね。

日本は他国のように一神教ではなく、万物に霊が宿る神道があるのが良いですよね。

1木1草、石ころも空も雲も皆神が宿っているんですから森羅万象に感謝して生きて行きましょうね。それが平和への一番の道のような気がしますよ。

では、今日はこれまで (@^^)/~~~

明日は、ちょいとお花を登場させるつもりですよ。



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ