FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
京都の仁和寺は、2年ほど前にも行っていますが、境内がとても広い大寺院です。

門構えからして壮大で、少し威圧さえ感じるお寺ですよね。

でも境内に入ると、ドーンと広くゆったりした広場のような参詣道が続いています。ゆったり配置されていて大らかな感じ。
でも、密教で修行も厳しはずで世情の凡人輩には窺い知れません。

正直な話ですが、宗教的な参拝と言うか厳かな考えより、文化財の見学と言った気分の方が勝っています。

その、特別展がもうそろそろ終わってしまうので、掛け持ちで、欲張りですが横浜から移動してきました。

ブログ 外壁のポスター.jpg

流石に、上野の森公園は多くの人々でにぎわっています。

東京国立博物館、略して「東博」です。京都の博物館も伺いますが、こちらも結構遊びに来ています。今日は特別展ですから、平成館です。

到着。チケットを買って一番奥の建物へ。
あれれ、何だか並んでいるぞー (-_-;)

最後尾はこことの看板で、30分待ちです。
でも、今日は空いている方だと係員が慰めの言葉を発します。

若冲展では、4時間待ちだということで諦めたことがありましたが、それから比べれば何ということは無いのです。

中は撮影禁止ですが、許されているのが、このメーンの修行道場にあるもので、普通は見ることができない秘仏のような仏の集合体。

ブログ 千手観音.jpg

この真ん中の千手観音を中心に沢山の仏様が御座(おは)します。周りは回廊のように壁画があり、現地のままに再現されています。

他に絵が無いので、並べるとこで何かご利益が有るかも知れないのでご覧くださいね。

ブログ 左全景.jpg

左側から見た展示物。

次は右から。

ブログ 全景(右から).jpg

コンデジで、混雑する会場で撮っているので内容は問わないでね。

ブログ 人間ぽいよね(右).jpg

仙人さんだね。一番人間ぽい仏さま。

ブログ ちょっと怖そうだけど、良く見るとユーモラス.jpg

これって、デンデコを背負っているから雷様(雷神)かな。

僕はねぇ、風神雷神図の屏風絵が好きで、家にも飾ってるのよ。俵屋宗達さんのね、これ余談。

ブログ お名前は判りません.jpg

観客の中では怖いねぇと言っている若い人が居ましたが、あくまで仏様ですから衆生の者たちを極楽へと導くものだからね、心配ないよね。

ブログ 裏側の壁画.jpg

こういう壁画が後ろの方をぐるりと回廊のようになっている壁に沢山あるんです。絵で教えを表しているそうだけど、下の方は修行中のお坊さんが床を一心不乱に磨くので、また、絵の価値などにも気が回らないので、ふき取られて絵が欠けているのです。

これもそのまま再現されています。

多分、この回廊を読経しながらお坊さんは修行と言うことでぐるぐると回っているんだろうかね。

僕も一周回って戻ってきました。

ブログ 覗き見の気分の千手観音.jpg

真横から観音様を覗き見るなんて、湯浴みの美人を見るような?
こらー!罰当たりとね。

でも、こんな角度から見るチャンスは無いので、ス・テ・キです。

これらを眺めて頂いて、何かご利益があると良いのですが (^_-)-☆

では、今日はこれにてゴメン (@^^)/~~~

次は、奈良へ行って麗しい仏様に逢って来ようと思っています。4月かなぁ。



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ