FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
JRの東日本の大人の休日倶楽部で、例の我が青春時代からの憧れのマドンナだった吉永小百合さんのCM,いま放映されてますよね。(良くは判りませんが、このバージョンは今日までだそうな)

我が那須地方の宣伝にもなるし、僕もお世話になっている休日倶楽部の宣伝ですから応援しなくてはね。

それに、自治会長からの依頼で、自治会の総会資料の表紙の作成をするため、ブログで初めて知った言葉ですが、「蔵出し」とやらをしていたので、ついでにCMと同じところの写真があるはずと見つけました。

で、僕も初めてですが、この蔵出しをブログでやってみたいと思いました (^_-)-☆

ブログ用 蔵出し 雲岩寺 1.jpg

吉永さんの雲岩寺の山門の前の絵は素敵ですが、僕はぐっと近づいたものにします。朱色の欄干を入れたものが普通でしょうがね。

僕が行くときは、ほぼ人が居ませんね。この絵には参拝者が映っていますが、多分、どなたかと二人で来ていた記憶ですが、背中を拝借しています。(今は、このCMでお客さんが増えているそうですが…)

足の悪い人にはきつい階段で、迂回を勧めてています。

この季節にはこんな花も咲いているはず、これも雲岩寺のものです。

ブログ 蔵出し 雲岩寺 福寿草.jpg

雲岩寺は、栃木県大田原市でも旧黒羽町になり、茨城県境に位置し交通便は残念ながら良くはありません。黒羽の、かつ奥の方の山間部です。

昔は、江戸と東北を繋ぐ街道は、今の国道4号線と違ってかなり南寄りの奥州街道でした。
黒羽はこの奥州街道を有し、芭蕉の奥の細道でも長い逗留地になったのですね。

以前の僕のブログにも載せましたが、那須の与一のゆかりの地も芭蕉は歩いていますよ。

もう一つ出てくるのは、ここはもう福島県境ですが、那須町の遊行柳ですね。

ブログ 蔵出し 遊行柳.jpg

遊行柳と言っても、古典に詳しい方や謡曲「西行桜」を知らないと判りませんよね。
脇を通過しても、判らければ見落とすような景観ですしね。

でも、僕は、結構好きで、来客もほぼ居ないのでゆっくり味わっています。僕は何だか人が居ないところばかり探して徘徊しているようですね。

「田1枚 植えて立ち去る 柳かな」と芭蕉が詠んだのです。芭蕉も西行を慕っていたからこの旅も生まれたのでしょう。

実はですね、僕が大好きなのは、同じ黒羽でも旧市街地内にある「大雄寺(だいおうじ)」ですね。
茅葺のお寺は、まだ昨年国の重要文化財になったばかりですが、とても素敵です。

ブログ 蔵出し 大雄寺.jpg

僕は、ここの新しい16羅漢様を何度も見に行っています。お寺の方に尋ねてもこの羅漢のことを教えて頂けませんでした。
1つ1つの羅漢様について説明できるようにしておくべきですよね、ちょっと残念です。

今度のキャンペーンは、芭蕉の奥の細道と言う切り口なので、電車では不便な地域ですが、レンタカーなどを使って訪ねて頂きたい地域です。

那須や塩原、板室と言った那須地方の北西部の山岳部が温泉を伴う観光地とし中心ですが、僕としては是非にと、ゆったり時が流れている南部地域をお勧めします。

6月以降に、清流の那珂川に架かるアユの漁をする「簗(やな)」を構えた臨時設置の河原の観光食堂で、川風に吹かれながらアユを召しあがって頂き、楽しみつつ観光をしてくださいねと、お伝えします。

では、今日はこれにて失礼します。ちょっと、観光大使のまねごとをしてみましたよ (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。


スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

我が地元にも足を向けていただきありがとうございます。

いつか、那珂川の鮎の塩焼きと大雄寺など、ちょっと渋いですが遊びにきてみてください。

お早うございます。

雲厳寺のあのCM,おやじも楽しく見ています。
朱塗りの欄干は、実際に見た時にはかなりの”水垢”で汚れていたのですが、CMではそう見えませんね(掃除したのか?)

静かな境内で味わう、水琴窟の調べも格別なものがありました(^_^.)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ