FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
那須のオヤジは、ネタの水増しに時々下手な食い物を載せるのですよ。

水増しと言っても、何処かの食品の水増しなどの偽装では無いですが、家事の不平不満やぼやきなどが出ないよう、日頃から「冷食」も活用し、難しい栄養学も無視して適当に食事の準備をします。

頑張りすぎると疲れますのでね。

僕だけの食事(晩酌のおかず)だったら、缶詰でも、ただの卵焼きでも、昨日の残った冷えたカレーでも問題ないという守備範囲の広い人間です。

今日の記事は、3日間の晩酌のおかずを遡って登載して、1日分の記事を水増ししたわけですね。

ブログ 僕の晩酌 1.jpg

僕は時々常備菜的に2,3品を突如作り出す性癖があって、先に乗せたものと重複するときもありますからあしからず。

この中では地味なんですが、一言コメントを言うと。
コンニャクのおかず。春ですから、フキ味噌と山椒味噌ですね。勿論、自家製ですよ。

こういうものの良さが判る人と酒を酌み交わしたいね、別に優しいオナゴで無くて良いんですよ、いろんな話ができる人とね。
別に饒舌でなくてもいいんです、ぼそっと語っても奥が深いものが醸し出て来る人が良いなぁ。

まあ、僕は単なる呑兵衛オヤジですかね。
晩酌は日本酒換算で、3合はやっているかもしれませんが、医者には2合と過少申告します。

さて、長くなりましたが、翌日はこれ…。

ブログ 僕の晩酌 2.jpg

あれ、この中にも常備菜が。寒雑魚の南蛮ですね。酢を効かせてあるので長持ちします。大量に仕込んだので、野菜と魚の骨など摂取できるので良いですよね。

渋く、小松菜と油揚げの煮たものも添えてますよ。これも常備菜ですね。朝ご飯のお供にも重宝します。

さて、またその翌日ですね。

普通のオヤジなら、晩酌には合わないなどとゴネルのでしょうが、僕は平気、問題無し。
晩酌は、ジントニック、ハイボールを基本に、日本酒、焼酎、ビールと使い分けますからね。時にはカクテルなどと、これは締めにはなりますがね。

別にマリアージュなどとほざきません。

ブログ 今日はシチューで良いというから.jpg

このブログを書いている時も、ジントニックを呑みつつシチューを食べつつですね。
ですから、今夜から2晩遡って晩酌メニューを紹介していることになりますね。

我が家のシチューは何時でもカレーに途中変換できる具材ですが、息子に確認したらそう言うし、唯一違ったのはマッシュルームを入れろなどと生意気言うので、それはこの前のナポリタンで使ってしまったのでシメジで良いかと言うと、好きだから良いと。

待てよ、このメニューだとポテサラもほぼ同じ経過を辿るんだなと、キュウリとマカロニだけ追加して、常備菜も出来てしまいましたよ。ポテサラは便利、付け合わせやサイドメニュー、時にはサンドイッチにも化けますね。

煮ている間に、野菜庫の端に隠れていたレンコンがあったので、これはキンピラにして常備菜へ回しました。

こうやって時々遊びつつ主夫をやっている那須のオジサンです。
 
今日は野菜はレンコン抜きで10種は使いましたよ。時には野菜を沢山食べないと娘に叱られるのでそれなりに頑張ります。

では、今日は食い物のオンパレードで失礼しました。

じゃあ、また明日 (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

自分の晩酌もやはりつまみが無いと寂しいですから適当に頑張らねばと思っています。

まあ、ちょっと疲れている時には手抜きもして、料理の腕も上げて行きますよ。

すばらし~\(^o^)/

食べてくれる人がいるっていうのは、大変だけど大事なことです。
一人だと面倒が先に立ってしまって。

夫もアルコールの種類を問わず、なんでも来い、でしたし、肴もこだわりはなかったです。
ご飯のおかずでも良し、ちょっとした小さなおかずがあれば喜んでいました。

申告2合、実は3合。これも同じですわ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ