FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
自在館のお宿は山間部にあります。

夜の帳が落ちる頃、それでなくとも雪で消音効果が増して静かな時間が訪れています。

部屋は101号室、地形が斜面なので建物構造から一応僕たちの部屋はB1でして、上の1階に夕食は用意されています。
僕らの部屋の有利性は、貸し切り風呂3つとも最も近い部屋になっています。

また来たらこの豪華な部屋に泊まりたいですね。部屋の指定はできないようですがね。

やっぱり、夕食は温泉の楽しみでもあります。
日頃の酒飲みと違って、ゆったりお酒を飲んで、家路に着くこと無くお泊りで安心、のんびりやれますよね。

ブログ 27日 夕食 1.jpg

女性から、良く泊りだと食事の用意などせずにゆっくりできるのが最高だと教わっていましたが、主夫である僕にはそこまでの苦労が見に滲みていないのか、鈍感なのか今だそうは感じませので、妻がいたときと同じ心持で旅路の旅館を楽しんでいます。

ここは、昨日と違って必要かつ十分な質と量の夕餉です。
旅は、やはり「ハレ」の行事ですから、ちょっと贅沢に、でもオジサンの年代になると程々の品数で十分感があるので多すぎずにね。

ブログ 28日夕食 岩魚の塩焼き.jpg

僕も魚を釣りますので、また専用の川魚焼き用の道具と言うか炭火焼用のを手作りのオリジナル版で持っています。
ですから言いますが、ここの岩魚の塩焼きは絶品でしたよ。

深焼きで、頭も骨ごと香ばしく食べられるけど、身もパサパサで無く焼き過ぎていないです。
蘊蓄を語れば、竹串に刺し頭を下にして炭火焼にするのですが、水分と油がじたりじたりと落ちてきて、一種頭が唐揚げの状態になるのですね。

骨が少しくらい固くても、この焼き方でじっくり時間を掛けて遠火の強火の炭火で焼けば大丈夫。時間は、2、3時間掛かりますよね。

この時間が美味しくする元なのかもね。
燻製と一緒で、焼きを楽しめる人にしか出来ない技だねぇ。

ブログ 28日夕食 3.jpg

季節ですから鴨鍋もだしてくれましたよ。終わりに自分で雑炊を作って食べるのですが、これまた美味しいです、最高!
鍋奉行の僕 (^^)v

「鴨鍋を 共にツツクや 悪童子」     (オジサンたちは、湯宿では童心に帰って愉快にでも羽目は外さず、心を遊ばせます)

ブログ 28日 天ぷら.jpg

これ季節の天ぷらだそうですが、確かにどちらかと言うと素材は冬物だけど、季節ものなら春の山菜や秋のキノコをこの山郷なら楽しみたいねぇ。今回は仕方がないね。まあ、頑張っているよ。できれば地の物、しかも天然物が良いやねぇ。

ブログ 27日 夕食 2.jpg

お刺身だってちゃんと用意してあるね。

でも、これだけは、釣り師としてはちょっと話題にしましたよ。

ブログ 28日 カジカ酒.jpg

カジカ酒ですがね、これが届きふたを開けたときにはびっくりしたよ。
たった1匹しか入っていないんだもの。

我が栃木県は那須地方の河川でも清流のお蔭で、カジカが釣れるのだけど、沢山釣る方は1日100匹越えですからね。
カジカ酒にするときは、コップに2,3匹は入れないとケチと言われるので、匹数が用意できなればやらないね。

その内、旅仲間の飲み会で家に誘う時にはカジカ酒、正統派の濃い味のものをお出しすることになりました。果たしていつお約束が果たせるでしょうか。

岩魚のコツ酒なら、器も専用の魚の形をした酒器とじっくり炙ってかつ干した岩魚が自宅に常時準備してあるので、岩魚を注文するのは止めさせましたよ。

形から入る那須のオジサンですから、結構、色んな道具が、「それなら、有るよ!」です。
このフレーズ、キムタクのTVドラマの検事物を見ていた方ならご存知なはずですね (^^)v

いつも脱線しますね、戻ります。

ブログ 27日夕食 デザート.jpg

美味しい流石の魚沼のコシヒカリも、デザートまで、しっかり食べて満足で部屋に戻ります。

では、一休みするので、今日はこれまで (@^^)/~~~

毎度、饒舌すぎてすみませんね。まあ、最後まで付き合ってくれ人は少ないのでしょうがね。




にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ