FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
まだ早いし、でも混雑しているところは行きたくないし、疲れているのでどうしようかと御苑のベンチで悩むことしばし。

このままホテルに帰るのは何だからと、ゆっくり寺町通りをウインドウショッピングしつつ、四条辺りまで行って決めようとぶらぶらと歩き始めました。

骨とう品や老舗のお茶屋さん、古本屋さんなど横目に見ながら歩きます。お土産に何かという目線も有るのですが、どうも気を引くものはありません。

段々、アーケード街に入り人が増えてきて、気が滅入ってきます。
蛸八さんは、居酒屋有名店ですがまだ空いてないし多分予約が必要だし、やっぱり、何時でも入れる京極スタンドで休もうっと。

ブログ 恐るべき人気のスタンド.jpg

ここはディープな老舗居酒屋、何度か利用しています。
でも、若い女性も平気で入ってくるので、暗い感じは無いのです。

完全相席仕様で、地元の京都だけでなく、大阪辺りからの出張組や他所からの観光客など、それぞれのお国言葉が混じりあって活気があります。

仲居さんの客捌きも軽やか、伝票は独特なものです。

ブログ カキフライ.jpg

別に京都らしいものを頼むこと無しに、普通に地元の方と同じもので良いのです。地元の人は長くいないでササッと呑んで食べて去ってゆきますね。晩酌代わりです。こういうのも粋ですねぇ (*^^)v

メニューは沢山あって悩むくらいですが、ここで悩んでも仕方なさそう。

ブログ 京極スタンドのきずし.jpg

牡蠣フライときずし(しめ鯖)とビールでスタート。
きずしも、別にこれは美味いなぁなどと云えないもので普通。

京都は、美味しいきずしがあるお店がありますが、こういう庶民的なところでは望んではいけません。

廉価でちゃちゃっと出てくるところが良いのです。
京都も高級料亭から我々庶民の味方の居酒屋まで色々あり、気分とお財布と相談して決めれば良いのですよ。

京極スタンドは休憩時間無しの通して営業しているので何時でも簡単に入れます。それが良いので贔屓にしています。

ブログ 牛筋煮込み.jpg


やっぱり、毎日飲んでいるハイボールで進み、牛筋煮込みを食べていたら、今日はバーにも行かず、疲れがひどいので潔く寄り道せず大津のホテルに戻ると決定。

京都は、バーが素敵なんですよね (^_-)-☆

見て下さい!

ブログ コンデジなのに酔って揺れてるね.jpg

店内にカメラを向けては失礼と、目の前のお客は帰ったことだし、鏡を利用してコンデジで自撮りしたら、酔いのせいか疲れのせいかかなりブレブレ写真。

結果は、お客様の顔に紗を入れなくても使えますね (結果OK!) (^_-)-☆

これで、メニューとお値段の安さも判って頂けるかと。デートには使いずらいでしょうが、結構カップルも居ますよ。

適当に飲んだら、さて、しばらく混雑の四条通を西に向かって歩き、地下鉄烏丸線で京都駅へ。

まだ、宵闇には早いですが、薄暗くなってきたので電飾(古い表現ですよね)が綺麗です。

ブログ 京都駅のクリスマスツリー.jpg

京都駅の高いところに上がって撮ったものがこれ。
降りてきて途中で撮ったものが次ぎ。

ブログ 京都駅のクリスマスツリー 2.jpg

オマケにと京都タワーのクリスマスバージョンを。

ブログ おなじみの京都タワー.jpg

JR大津駅から古い商店街を歩き、今年の初夏に来たとき開店してるので、声を掛けても誰も出て来ず買え無かった「鮒ずし」を買い求め、夕暮れ後の6時少し前、無事帰還しました。

5月に来たときはお店が空いていても誰も返答が無かったと、親父にぼやくと、「ばあさんは耳が遠いので聞こえなかったのでしょう」と小さな古いお店のオヤジ店主の軽い肩透かし技。

旅は、こんないい加減なゆるいのが心地良いのです。

今日はこれにて終了です (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ