FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:オジサンの手料理や外食
今(11月9日、午前11時08分)、那須地方は快晴なれど、強風が吹き渡っています。

今日は平日でかつ自由な日、塩原温泉郷の最南端辺りの紅葉風景を撮影に行って、昼には戻り直ぐアップしてこの週末の観光の参考にと考えていましたが … (≧▽≦)

山間部は、木が道路を覆い強風の時は落ちてきて危険、しかも、撮影となると林に入り込むことも有り余計に危ないことになるので注意が必要です。

まさか、ヘルメットを被ってまで撮影したいとは思いません。

よって、部屋に籠っています。
風が来ない部屋の中は日射しが差し込んでとても暖かいです。部屋の中だけは、小春日和って感じ。

「天上大風(おおかぜ、たいふう、どちらが正解か不明)」と言う、例の良寛さんの書で有名な言葉があります。
意味は、子供たちと遊んでいる光景として、大空に悠然と凧を上げている様を言うのが正しいのでしょうかね。

でも、僕はこの言葉。
世の中、大風が吹いて慌ただしいようだが、何もあくせくせず陽だまりの地上でのんびり空(世)眺めていようよ、と言う理解。

一歩引いて社会を見て見れば、競争社会に埋没せずにゆったりした気分で生きて行けるのじゃないですかと言っていると解釈するようにしています。勿論、厭世的という意味ではないのですよ。

よってこの解釈で、風が止まない限り、家で、世事や遊びで疲れた体を休めるため、ちょっと「アンニュイ」な気分で過ごします。(オヤジには、アンニュイなんて言葉似合わないと言われそうですね)

でも、これまた、気怠いというマイナスな言葉としては捉えていませんよ、僕はね。

で、昨日のお話をやっぱりアップしますね。

あれ、何をしたんだっけ?
そうだ、洗濯物を干して、後はただ単に息子の送迎だけで休養していたんだっけ。

お昼には、前日の残り物を利用して

2017 11 08 オヤジのランチ.jpg

けんちん汁を、冷凍うどんを使って、鰹節たっぷり載せたケンチンうどん。
煮物も残り物の、うおがし揚げです。

食っちゃ寝ではないですが、夕刻までは、部屋でゴロゴロ、テレビや読書。

曇り空が少し切れて、日没後の南東の空。洗濯物をたたみながら寝室から振り返るとこんな感じ。

2017 11 08 ブログ 日没後の空.jpg

あくまでも、アンニュイな感じなんですねぇ (#^.^#)

そうそう、そういえば昨日は朝から買い出しで、野菜や果物を中心に結構な量を買い物してきたんだっけ。
すぐさま、帰宅後、どなたかのブログを見たせいもあり、少し手を加えて保存したんだ。

キュウリとカブの漬物を仕込み、まとめ買いの鶏胸肉を1回分に切って冷凍へ。
我が家の家族がみんな大好きなシャケおにぎりが直ぐにできるよう「シャケの荒ほぐし」を作り、残りは1切れずつラップして冷凍へ。亡くなった妻も、遠くで暮らす娘も大好き、勿論、同居の息子もね。

ちゃんと主夫もしているじゃないのさ、僕 (^_-)-☆

しかし、夕食の準備は手を抜こうとその時買ってきた鮪の切り落としでしたね。

2017 11 08  ブログ 親父のゆうめし.jpg

大根のつまを切って1品料理では寂しいので、レンコンのきんぴら。
頂きもののホウレン草を使って、見た目チジミ風に、これまた今日生協から卵が来るので、残っているものを使って生地風に。

こんなんが、那須のオヤジの、日頃の親父メシですね。
朝は、前日の残り物とご飯とか、無ければ卵かけご飯や納豆ご飯で、僕は十分なので朝は完全手抜きです。

では、昨日も怠惰に過ごしましたが、今日もまだまだ強風が吹き渡っているので部屋に籠ります。
静かになれば、少しだけでも出掛けたいのですがねぇ!

では、今日はこれにて (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ