FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
僕のブログは、始めてまだ1年とちょっと、写真を少しちゃんと撮ろうと思ってからは、2年程度。

那須の日々の暮らしの一端を垣間見て頂こうと、観光宣伝でもなく向こう受けを狙うのでもなく、地味におじさんの遊びと暮らしをお届けしています。

そんなお伝えしているものの中の風景ですが、やはり自分の好きな場所、思い出の場所が、度々登場し、しかも足蹴く行っても飽きないところが出てきます。

2017 10 18 ブログ用 奥塩原の開拓大地.jpg

メーンとなる観光ルートからは少しだけ脇道に入ると、結構立派な道路が作られ安全に簡便に楽しめる所があります。

妻の存命中には、5月の連休の新緑見物に秋の紅葉狩りに、共稼ぎだったので土日しか行けず、混雑を避けて楽しんでい居たエリアがあります。

上の絵は、高原大根の名産地。今は、ビール栽培でホウレンソウやカブなど大根以外にも連作障害対策もあり作って出荷しています。

高原野菜は気候のせいでしょうか、柔らかく甘くて美味しいのですね。僕が今格闘中の大根さんもここの縁戚に当たりますね。

さて、タイトルにあった主題に入りましょーうね!

「山道の 紅葉に替えて 赤お顔」 (山のお供が出迎えてくれました !)

2017 10 18 ブログ用  どんな気持ちで僕を見ているのかな?.jpg

この子のお顔は紅葉より素敵!
結構、美男子でしょう(多分、男の子?)

至近距離でお目もじできました。

少し離れたところでは、のんびり過ごしています。

2017 10 18 ブログ用 こやつこれって気持ちよいの?.jpg

橋の欄干は鉄製なので日射しで温められているのでしょうか、気持ち良さげに暖を取っている様子。

何だか羨ましくなる光景です。
でも、これからは寒くなって雪も降るので、そう悠長には暮らせませんね。小さな声で、「頑張れよー!」と。

お尻も確かに真っ赤ですが、これは彼らの尊厳を汚すことになりますので、登載はしませんがね、紅葉よりきれいな赤ですよね。

楽しい束の間の交流でしたが、彼らに幸あれと心より思いましたね。(今日はどうも会ってくれてありがとう!!)

しばし楽しんで下界に降りてきました。
やっぱり、山際で秋の赤に会いましたよ。

美味しそうな真っ赤なリンゴが生っています。
リンゴ農家の一番嬉しい季節ですよね。

2017 10 18 ブログ用  可愛い貴方が待っていましたね.jpg

電流が通った電線に囲われた畑です。先ほどあった彼らが麓に降りてきて食べるのでしょう。
山村部は、人が減るのと同時に、獣たちが里に下りてきて農作物を食べてしまします。境界線がどんどん麓へと下がってきているのです。

田舎では鳥獣被害もひどく、折角作ったものも一夜の内に全て荒らされてしまうということも頻繁にあり、大きな課題となっています。
今は本当に都市部と言われているところまで野生動物が侵入してきますからね。

息子は果物好きで一年中リンゴなどは手に入るので欠かしたことはありませんが、やっぱり旬が美味しいです。

そうそう、そろそろ九州の方へリンゴを送る準備をしないとね。(妻が福島の美味しいリンゴを送っていたので、今は僕が継承しています)

僕は、嫌いではないのですが、殆ど食べません。買い過ぎて結構廃棄処分になっているのが果物なんです。
昨日も、ブドウと桃を捨てました。

「夏」の有無を言わせないような単純さと比べ、「秋」は迷い戸惑う季節です。(今年の夏は例外ですが)

では、あまりしんみりして、どなたかに頼るような心根にならないうちに、また明日 (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

こんにちは (^^)v

今は、結構山の中でも道路沿いは猿が出てくるようになりました。

どこまで近づいて良いか迷います。

お互いの呼吸が掴めませんね。

こんばんわ
お猿さんくつろいでますね
林檎美味しそうですね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ