FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
那須は、日一日毎に秋が深まってきますよ。

できれば早目に那須高原の温泉か、湯治場の雰囲気がある板室温泉か、渓谷美の明治時代の文人に愛された塩原温泉に来てみてはいかがですか。

僕も結構小さな旅を頻繁にしますが、自然の豊かさと色彩の豊かさは申し分が無いと思いますよ、那須地方は。それに空の広さは申し分なしです。

残念ながら豊かな歴史遺産はありませんが、自然美は沢山ありますよ。
勿論、若者受けのレジャー施設も沢山ありますが、僕にはこの方面の紹介はパスさせてね。

2017 10 12 ブログ用 パレットのような.jpg

別にスポットライトが当たっている訳ではないのに、黄色は強く発色しているようで目立つのですね。やはり、カメラを向けたくなります。

緑、赤、黄色と写真の良し悪しや僕の腕の力量は脇に置いておいて、素敵でしょう!
カップルで見上げたら、もう口説き文句は要らないですよね。

「うーん、この感じ、良いねぇ!」と僕。
「うん、そうね、素敵ね!」と彼女、僕にしな垂れかかる。

あれっ、妄想が広がりすぎでしたかね、すみません 

2017 10 12 ブログ用 どうなの お先に顔を赤らめて.jpg

妄想続く。

「何だか、あの葉のように、頬を赤くしてどうしたの?」と僕。
「うん、あんまり素敵過ぎて~!」と彼女は僕の方に眼差しを向ける。

デートでお連れしたのはどうも成功のようでしたよ。
可成り、僕、行っていそうですかね?

ふと、現実は、気が付けば、一人で曇り空の山道に立っていましたよ (ノД`)・゜・。
うぅー、寒むぅ―!!「は、は、はくっしょーん!!」、ぶるっ。

2017 19 12 ブログ用 これまたもう少しだね.jpg

帰りには少しだけ、青空が顔を出します。
まだ、尾根筋でも金糸銀糸の錦の光景は先のようですね。

さて、もうお昼はとうに過ぎてお腹がぺこぺこですが、どこかお蕎麦屋に立ち寄ろうかと迷いつつも、主夫の性根がすっかり染みついていて、冷蔵庫のあそこにはあれがあったし、期限切れも心配だしとクヨクヨ考えて、結局は自宅で遅い昼食でしたよ。

そう途中での下界を見下ろせば。

2017 19 12 ブログ用 グレーのグラデーション下の遊園地.jpg

曇り空のグレーのグラデーションの下に、緑の絨毯の中に遊園地がありました。
僕はもう行くことはありませんが、若者たちが遊んでいる那須高原も悪くないかもね。

最後に、このまま帰るのが惜しく、坂道の途中の待避所で停車して、車を降りて見上げれば、今日は「ご苦労さん!」と秋色が…。


2017 1012 ブログ用 漆かな.jpg

こんな風景を見て過ごす那須も素敵でしょう (*^^)v
2地域居住でも、別荘暮らしでも、たまの観光旅行でも良いですから、那須へ是非いらっしゃてね。

もし、僕の案内を所望する人は、バスガイド以上に饒舌で声高でおじゃべりオジサンですが、まあ、気分が合致したら対応して差上げますよ。多分!。

何せ、自称と言うか、勝手観光大使を標榜していますのでね。市の観光課(.局)とは何の関係もありませんよ、念のため。

じゃあ、またね. (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ