FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
ゴメンナサイね。

今日も軍港めぐりのアップです。後半部分ですね。

2017 10 01 当番の水兵さん? ブログ用.jpg

2017 10 01 手を振ってくれた船員さん ブログ用.jpg

当直の隊員が、甲板の上で警備のために立っているのでしょうか、実は撮っていませんが、2隻とも堅苦しい警備ではなく、ゆるりとした感じで、時には手や帽子を取って短い時間でしたが振ってくれましたよ ( ^^) _U~~

2枚目の方は潜水艦です。水兵の帽子も違っているようですね。

余談の話ですが、潜水艦はいわば海の忍者のようなもので、秘密がいっぱい。
船員の行動も秘密主義で、家族にも話していけないそうです。

で、家族持ちが家に帰って来て、次に出掛けるのも、はて、いつ帰ってくるのかさえ教えてもらえないそうです。
短期か、長期か、はたまた日帰りか (;^ω^)

で、奥さんの知恵として、ご主人が出掛ける時に持ってゆく下着の枚数で予測するそうです。
潜水艦は水が大変貴重品で、三日に一度しか身体を洗えず、当然洗濯も出来ないので、三日に1枚の下着から換算するそうな、はて、これって本当かなー ??

2017 10 01 退役する艦船 ブログ用.jpg

この艦船はちょっとどこか違う雰囲気ですよね。

何が違うのかと言うと、艦番号が消されています。暴走族がナンバーを隠すのとは訳が違いますよね。
実は、廃船になって処分を待っているそうなんです。現役ではないので番号を消したそうです。

微かに見えるのは、艦番号が303のようです。調べると、掃海艦の「はちじょう」だっかもね。

2017 10 01 潜水艦2隻 ブログ用.jpg

潜水艦が2隻並んで係留されていました。
僕がこれから想起したのは、何度も見た映画の「レッド オクトーバーを追え」と言うトム・クランシ―原作の戦争ものです。

ショーン・コネリー(007で有名ですね)主演で、ロシアからアメリカに自分が艦長の潜水艦で亡命してゆく物語で、途中の壮絶な海中の潜水艦同士の戦いを思い出しました。最後は亡命に成功し、ハドソン川かどこかに船体を出して遡上する光景が、ロシア民謡がバックに流れているのと相まって印象深いものでした。

そう、トムクランシーの相棒の作家が手掛けた、レッド繋がりで、「レッド フェニックス」と云ものがありましたっけね。

これは、今現実味を帯びて来た北朝鮮軍の膨大な数の陸軍が38度線に作ったトンネルを使って攻めてくるものでしたね。
「怖い、こわい!」ですね~ (≧◇≦)

戦争は絶対あってはなりません。
でも、狂気の世界では、話せば判るというのは、楽観過ぎですし、国の安泰無くして庶民である僕たちもおちおち寝ては居られず、ジェイアラートで起こされるだけでは済みそうもありません。

この件に関して、ブログでもって、議論をするつもりも無く、主義主張をするつもりも全く無く、単に僕は不安だと言っただけですよ、誤解無くね。

2017 10 01 掃海艇の姉妹号 ブログ用.jpg

これ左側に並んでいる艦船2隻は、機雷の掃海艇です。604は「えのしま」、605は「ちちじま」です。
FRP船で、金属が磁気を帯びて機雷に狙われるので、木造船が良かったのですが、造船技術を持った人が高齢でいなくなり、切り替えが進んだそうです。

黒船到来の頃から鉄の船が優位で主流であり、元寇や秀吉による造船のころでも一部には鉄を使った造船はあったものの、日本は木造船主流だったものね。

何か木造と言われると、戦いには使わない船で優しい感じもしてきます。
まあ、最新鋭のイージス艦でも民間の船とぶつかって簡単に乗組員に死傷者が出るんだから結構脆いけどもね。

楽しくクルーズを楽しんでまたバスに乗って横浜へ。
実は1名、クルーズに参加しなかった者が、昨日の写真の中に映っています。どうしてでしょうかは、内緒。

横浜の中華街に寄ってどうしても土産を買いたいという人が多くおり、実は途中で道を間違って通過してしまったのでそのまま帰ってもと言いましたが、強い希望がありバスを戻して買い物へ。

僕もバスの中に残っていることができないので同行します。

行ったという証拠写真を1枚だけ撮りました。

2017 10 01 横浜中華街 ブログ用.jpg

お店の前で、1軒づつ角付けをしているようで、終わると威勢よく爆竹を鳴らします。

ああ、家に帰り着いたのは、8時過ぎ、バスの中の片付もして、15時間のお付き合いで大変お疲れ様でしたね、僕。

これにて、お付き合いの家族バス旅行はお仕舞。

帰る途中には、橋の上から、横浜港を出港して行く豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス号(11万6千トン、2700人乗り)」が、綺麗な船体を見せて悠然と船出してゆきます。

軍艦と対極にある船ですよね。

では、これにておしまい。

じゃあ、また明日 (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ