FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
昨日に続き、ロケハンを兼ねて出掛けた先をお伝えします。

八溝山は、早朝や夕景を撮るには行動時間が暗い時間になるのでちょっと無理なようです。

次は、標高が半分の御亭山に車を向けました。

雲岩寺の駐車場からは、それ程の時間を要することも無く、道も八溝山とは雲泥の差の快適な山道です。

2017 9 29 御亭山の遠足 ブログ用.jpg

ここも頂上直下まで車で行けます。元旦のご来光の時は大混雑だそうです。
僕としては、那須野が原を夕陽が彩る風景が撮れそうだとロケハンに出掛けた次第です。

麓の小学校の遠足のようですが、元気で楽しそうな子供たちが沢山いました。陽気も良く、雄大な景色を堪能したことでしょう。

2017 9 29 御亭山の頂上 ブログ用.jpg

結構広めな駐車場に車を置きちょっとだけ歩いて頂上へ。
別に登山のピークハンターでも無いので撮影ポイントを探すのが先決ですがね。

2017 9 29 高原山を望む ブログ用.jpg

僕の住む場所から毎日のように見ている高原山が見えます。日が沈むのもこの方向なので,お天気の状態にもよりますが素敵な風景を撮ることができそうです。

次の2枚の絵は、少し車で降りてきて駐車場があったので撮りました。

僕の夏の楽しみのアユ釣りをする那珂川が左手に見えました。

2017 9 29 那珂川遠望 ブログ用.jpg

これも霞んでいて判りにくいですが、左側中断したの筋が川です。
ここも、中望遠程度で川面が照り返す時間を狙えば素敵な絵になるかなぁ?

振り返ってみたら、先ほどまでいた頂上付近は快晴のスカイブルーの中で寝そべっているようにみえました。

2017 9 29 振り返ればスカイブルー ブログ用.jpg

さて時間も押して来て家に帰らねばなりません。
下山し、那珂川を渡り高原山方向へ向かいます。

帰りがてら橋の上で見たら、アユ釣りの最終番で、1名だけ上流のところで釣っているのを見かけました。

2017 9 29 那珂川の流れ 釣り人独り ブログ用.jpg

僕はもう諦めて今日出掛ける前に道具一式を物置に仕舞ったので今年は終わり。
ここ数年僕自身は不漁で、ご馳走したい方々が沢山いましたが実行できませんでした。

数年前までは冷凍庫に年越しするほど保存していたのにね。
来年は、ここ数年こんなことを言ってますが、何とか沢山釣ってご馳走してあげますね (;^ω^)

これにて、恐怖を味わったロケハンが終わりました。

その内、この成果が出て素敵な写真が撮れますように!

では、本日はこれにて (@^^)/~~~


にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

Re: nobochanさん、こんにちは

美雨さん、こんばんは (^^)v

こちらは、那須に住むおじさんです。コメントありがとうございます。

別に回答は求めていないのでしょうが、アユ釣り歴40年の身ですので。

河原に出店しているお店は、大水の出水時や秋に産卵のため下流域に下る落ち鮎
をとる「簗漁(やなりょう)」をしているものですね。

栃木県が好きと言って頂き、住んで居る身にはちょっぴり嬉しいものです。

ちょっと自虐的になりますが、栃木県は知名度的には最下位のあたりを北関東の
茨城県、栃木県、群馬県などと争っています。位置関係も判らいとね。

「日光県」と名前を変更しようなどと、結構真剣に唱える人もいるくらいです。

県北部の那須地方からも首都圏へ新幹線通勤者も多く、災害も少なく県民所得な
どは多分5番目にくらいになっているし、住みやすさは悪くないと思いますね。

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ