FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
今日も信州は快晴  (*^^)v

6時頃起床。シャワーを使い、一休み後、7時に簡単な朝食。

ホテルを7時50分にチェックアウト、駅の自由通路を善光寺口から東口に向かいます。
アルピコバス、栂池高原行の8時20分に乗ります。

バスは満員で、八方尾根に向かうお客がほとんど、その先の栂池高原は少々でした。八方尾根のバスターミナルでは、トレイルランの大会が盛大に開催されており、沢山のランナーが集っています。

平地だって走れないのに、良くアップダウンがある山道を走るもんだと、感心するやら呆れるやらです。

昨日僕たちが歩いた戸隠古道もトレイルランのコースになっていましたが、向こうは走る、オジサンたちは写真を撮りながら鈍足で進むという大きな違いがあります。

10時頃塩の道を歩き始めます。

塩の道 栂池からスタート ブログ用.jpg

ここから歩くのは、我々3人と、少し後から来た女性1人だけのようです。

塩の道は、一部は農道となっていますが、概ね山道をある程度のアップダウン繰り返しながらトレッキングする格好になります。
道は登山道程度には整備され道を誤ることはほぼありません。

案山子のお出迎え ブログ用.jpg

歩く左手には遠くには白馬3山、麓の田畑を見ながら歩き始めます。
早速案山子がお出迎えです。

時には昔懐かしいこんな快適な道もあります。

昔懐かしい草の道 ブログ用.jpg

半世紀以上も前の話で照れくさいですが、僕の子供頃はこんな道、又は轍が2本だけあって残りは草の道が多くありました。
道自体が遊び場でもあり、悪ガキは伸びた草同士を輪にするように結んで、足が来っかかる罠を作っては叱られていた覚えがあります。

前山百体観音 ブログ用.jpg

行き来する旅人が行き倒れになったり、村で疫病に掛かったものなどを弔うものなのでしょうかね。

蕎麦の向こうに白馬岳 ブログ用.jpg

少し目を上げれば高い山容が見えます。左から、険しくギザギザのところは不帰のキレット、右へと白馬岳まで続く天空の尾根筋があります。

遠く40年以上前には、今のような高性能の軽い装備は無く、かなり重くなったリックを担いで、白馬大雪渓を詰めてから尾根に出て縦走した思い出があります。
若かったせいもあり、穂高の方の大キレットも含め、単独山行でテントまで持って歩いたのですが怖いとは感じませんでしたよね。

今は中高年者の方が多いと聞きますが、僕がやっていたころは若者の独壇場でした。

色々な思い出が蘇ってくる塩の道トレッキングになりました。

道端の野の花やキノコなどが目を楽しませてくれます。

ミソハギ ブログ用.jpg

ミソハギが出迎え。

これはキクラゲかな ブログ用.jpg

これはキクラゲの一種だと思いますが、サルのこしかけ系統かもしれません。調べもせずにすみません。

今日はこの辺で、一休みします (@^^)/~~~



にほんブログ村  良かったら是非、「栃木情報」もクリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ