FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
今日は短い旅行の最終日、早起きして朝食も摂らずホテルを後にします。

携帯の目覚ましを5時半に設定しました。シャワーを使い着替えて一休みしたら荷造り後、階下に降りて同伴者と合流。

秋田駅、6時51分発普通車に乗ります。

今日は日曜日、サッカーの部活なのか男子高校生が多く乗っています。途中からも沢山乗ってきますが、県都から離れて田舎の方へと進むのですが、サッカーの強豪校でもあるのでしょうかね。

無人駅の吹浦に8時25分に到着。

降りたのは僕たち2人だけのような記憶。タクシーで目的地に向かうのですが、小さな駅広場には車は一台も停車していません。
駅舎の中に呼び出しするようタクシーの案内が書いてありました。

電話をすると、10分程度だったでしょうか迎えに来てくれました。

今日も鳥海山の恵みの湧水に会いに来ましたよ。

2017 6 25 丸池様 2 ブログ用.jpg

ただの池ではなく神社のご神体ともなっている池です。少しだけ青池状態です。
見学客もちらほらやってきます。皆さんスマホなどを出して記念に撮影していかれます。「おおー、綺麗」!と言う言葉が思わず出るようです。

さてと、カメラを構えます。
どう料理しますかね。未熟の身なのでどう対処して良いか上手く定まりません。被写体は申し分無いのですが、勿論、早朝や夕刻の斜光ではないので平板になるのでしょうが、それでも楽しい被写体であることには違いないです。

小さな池ですが、少しづつ位置を変えて撮影します。

2017 6 25 牛渡川の丸池様 1 ブログ用.jpg

池への映り込みを地上部と一緒に取ってみます。

次に構図を変えて。

2017 6 25 丸池様の水面 ブログ用.jpg

今度は水面だけを撮ってみました。
上手くは撮れませんが、こうやって撮影していることがとても楽しいのです。

もっと審美眼を磨き、加えて技術も習得し、自分が感動した何かを的確に表現できるように精進しますね (^_-)-☆

今度は、一旦丸池様から戻るような形で牛渡川に来ました。
小さな人工的な水路のような川です。ここに、シャケのふ化場があり、こんななところに遡上してくることが信じられない小河川です。

2017 6 25 霞む鳥海山 ブログ用.jpg

この絵は、ふ化場の駐車場から少し霞がかった鳥海山を眺めた図になります。
遠景から近景まで豊かな自然景観が展開されているとことをご理解くださいね。

少しだけ、牛渡川を遡上するように進みます。目的の一つである『梅花藻の花』を撮るためです。
来る途中で聞いたタクシー運転手の話では少し早すぎるかなと言うことでした。

2017 6 25 牛渡川の梅花藻 2 ブログ用.jpg

でも、結構梅花藻は可憐な白い花を着けていました。
僕のイメージとしては、清流の中で川の流れとハーモニーを奏でるように揺れて咲き誇る花々と緑の藻でしたが、少しずれて仕舞いました。

水量が少しだけ少ないのかもしれませんね。

植物ですから、光光合成が必要で、日陰は苦手です。
僅かな木漏れ日を受けて咲いているところもありますよ。

2017 6 25 牛渡川の梅花藻 ブログ用.jpg

少し上流へと歩きます。人工林ですが、木立が多くなり日陰の牛渡川になってきました。梅花藻は段々見当たらなくなります。

2017 6 25 牛渡川の森林を映して ブログ用.jpg

ここまでは誰も来ない静寂な水面と木立のコラボが観られ、ふぅーと深い息を思わず漏らしてしまいます。
素晴らしい時間と空間を味わうことができて、この場所を守ってい居る地元の関係者や国から占有許可を受けている電力会社に感謝です。

末永く守って頂きたい大切な日本の宝物である清流に佇ませて頂きました。ありがとうございます。

撮影を終え、駐車場に約束した時間にタクシーが迎えに来るはずなので余裕を持って戻ります。

待つ間に牛渡川を覗いていると小魚が沢山。

あれ、これは鮎ではないですか。40年以上のアユ釣りを趣味としてきた身には興味がそそられます。
情けないことに解禁を1か月も過ぎそうだというのにまだ竿を出していない体たらく。早く行きたいなぁー!

2017 6 25 牛渡川のアユの一群 .jpg

沢山の魚群があり、川の上下で群れて泳いでいます。
海からそう遠くないところで遡上してきたのでしょうね。可愛い奴らです。

太陽が燦燦と射して、駐車場は木陰などないので、耐えて待っていると約束時間の5分前には迎えに来ました。

帰りは、無人駅の吹浦駅ではないのです。

2017 6 25 吹浦駅 ブログ用.jpg

次に楽しみなレストランへ向かう為に乗る特急の停車駅まで移動です。
遊佐駅です。

この辺りは、昔から仲間と車で来たり、厳冬に電車で来たりと馴染みのところです。

撮影はこれにて終了。勿論、今回の旅のテーである「水」も終わりです。

次は、美味しんぼの出番ですよ。

では、またね(@^^)/~~~

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ