FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:アユ釣り(清流の那珂川)
今日は、まだ夜明け前に起きてしまい、さてどうするかと思案。

読みかけの本を読んで居ればまた眠くなり寝てしまうのですが、今日は、よっしゃーと気合を入れて起きました。

パソコンで調べてみればこの地方の日の出は4時20分とあります。
日が出たら洗面をして、カメラを用意して出掛けることにしました。

2017 6 17 やっと釣れたぞー 合流点下 ブログ用.jpg

自宅近くのコンビニで朝食を仕入れて、ついでに目覚ましに缶コーヒーも。

こちらは幹線道路を走り始めましたが、我が自治会の区域の脇道からこんな早朝なのにパトカーが警ら中なのか出てきましたよ。何だよーと、こちらからパトカーを不審車両扱いの目線で一瞥しましたよ (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

今日お伝えするのは、この早朝の撮影行ではなく、夏風邪をひいて解禁からもう半月も過ぎているのに釣りに出られていない悔しさで、山の方の撮影を終え、川の下見にそのまま行った時の様子です。

皆さんご存知の四万十川と言う四国の清流がありますが、今日お伝えするのは、東の四万十川と言われる鮎の漁獲量も全国有数の那珂川水系の今日の様子です。

2017 6 17 解禁予定の場所 ブログ用.jpg

水の流れはいつ見ても安らぎと癒しを感じます。
今年はアユ釣りの解禁以来川の状態が悪いようで苦戦しているようです。上の写真は、僕が好きな釣り場所ですが、しばらく眺めていても竿は全く曲がりませんでした。

やっぱりつ釣れていないようです。
そのんな情報が僕にも届いているので、夏風邪でいまだにスタートも切れていないのに焦らない訳です。この道、もう40年以上の超ベテランアユ釣り愛好家が一度も竿を出していないのですからね。

竿ならずカメラを片手に河原で様子を伺います。

2017 6 17 俺もやっと釣れたぞー 合流点下 ブログ用.jpg

那珂川本流と箒川と言う支流の合流点のすぐ下に来ました。
かなりしばらくカメラを持って暑い河原で待つこと30分以上、やっと冒頭の写真のように対岸で1匹釣れました。

それから、15分過ぎにこちら側の一人が小さな鮎を掛けました。
シャッターチャンスを待っているのも大変です (;^ω^)

空には、のんびりトンビが舞っています。

2017 6 17 トンビが空を舞う ブログ用.jpg

足元を見れば河原なでしこが可憐に咲いています。


2017 6 17 河原なでしこ ブログ用.jpg

釣りはのんびりしていてると思うのは、池などで太公望が釣りをしている光景を思い浮かべるからで、鮎釣りは流れに足をすくわれないよう踏ん張ったり、釣れいないと不安定な河原や水の中を移動するので、かなりハードなスポーツフィスィングですよ。

時には、渡渉中などに流されて命を落とす人もいますからね。僕も危険な目には何度か合ってますからね。

でも、やっぱり、ずっぽりと自然に浸って時間を過ごすことは素晴らしく快感なことです (^_-)-☆

2017 6 17 釣れいによねぇ 箒川 合流点の上 ブログ用.jpg

彼はしばらく眺めていましたが釣れないようです。でも、多分、川に浸っておとりのアユの動きに集中して手に感じる動きを味わっているだけで素敵な時間を過ごしていると思います。、

あくまでも漁師ではなく遊びなのですから楽しまなくてはね。

釣れなければ、空を眺め、雲や鳥や風を見て、肌で自然の営みを感じれば他に何が必要なのでしょうか。


さて、僕も、体調も回復してきましたので、釣果の多寡に一喜一憂することなく自然を体いっぱいに取り込んで楽しもうと思います。

那須地方は、自然豊か、田舎だからこそ楽しい事が沢山ありますよ (*^^)v

では、今日はこれまで (@^^)/~~~

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ