FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
ゴメンナサイね。
分割してわざわざ長くしようとしているのではありませんよ。

ブログを始めるにあたって読んだ参考書に、長いのは嫌われるとあり、僕のも写真も載せますが、お話が長いのが特徴で短所なので、やはり読んでいただきたいと思うと、できる限り短くしようとしてする訳です。

でも、おしゃべりおじさんとしては言いたいことが沢山あるので、分割することでごまかす訳で、結果として長期にわたります 

言い訳が長過ぎ! (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

では、続きを。

2017 5 28 近江の青もみじ ブログ用.jpg

坂道や階段を登る先には必ず美しい青もみじが。
足元を見れば、また緑。

2017 5 28 石山の苔ブログ用.jpg

「石山寺 色香漂う 緑かな」 (紫式部の色香に惑わされて (;^ω^) 、否、或る人を思い浮かべてね (^_-)-☆ )

坂を上がって行けば紫式部が待っているはずです。心落ち着けてまいりましょうね。

2017 5 28 均整の取れた多宝塔 ブログ用.jpg

美しい均整の取れた姿で出迎えてくれたのは、国宝の多宝塔です。
過ぎたることなく、不足すること無く、これこそが過不足ない形状をした塔になっています。思わず合掌。

この先を行くと所謂展望台になる「月見亭」と「芭蕉庵」がありますが、下々の者は立つことあたわず、立ち入り禁止。
木が繁茂し見ずらいのですが、瀬田川の景色や有名な「瀬田の唐橋」などを眺めることができたのでしょうね。僕が立ち寄って良い場所からは見えませんでしたね (-_-;)

2017 5 28 緑の中の心経堂 ブログ用.jpg

先を登ってゆくと、この「心経堂」に出会います。

その先を、もう誰も居ない道を進めば静かな境内を満喫です。そうして大きな建物が現れます。誰一人いません、静寂。

2017 5 28 光堂 ブログ用.jpg

この下側のところに悩ましいお姿で「紫式部」が待っていましたよ。
僕は、別な人が待っていてくれたらもっと嬉しかったのに!などと言う妄想は、へへぇ、内緒 (;^ω^)

しかし、誰にも会わずに散策できるとことに何だか得したような気分で感謝です。
小鳥が鳴き、葉擦れの音がささやき、空には純白の雲が優雅に漂っているのを独り占めできるのですからね。

ここからは下りに入ります。

2017 5 28 ホトトギスブログ用.jpg

かなり近いところで鶯が綺麗な声で鳴いてます。かすれることなく澄んだトーンで鳴いています。
近いのになあと木々の中を見上げたら居ました。この鳥がそうなんですかね。

でも、カメラは標準レンズしか着けていませんので大きくは撮れません。
でも、何とかゴミのような程度の大きさですが写しましたよ。ブログの写真では判別不能でしょうかね。

やっと、下まで降りてきました。ちょっとしたハイキングでした。
水が流れる音がします。

2017 5 28 滝 ブログ用.jpg

庭園の中に滝がありその音が初夏の暑さをなだめるように落ちてきていました。

「青もみじ 迷い心に 滝落ちる」 (これって、季語重複なのかな?)

それこそお山を一周回ってくると、とっても清々しい心根になっていました。
観光客も少なく静かなお寺で、信心深くない僕には仏は顔を見せてくれなかったようですが、「夏の緑風」には会えたようです。

「緑風や 優しい顔の 観世音」 (女性の優しい微笑みは観世音のようです)

寺を辞して駅に戻ります。

途中に、気になるものが。

2017 5 28 朗澄(ろうちょう)律師像 ブログ用.jpg

石山寺の中興の祖だそうですが、とても素敵なお姿です。自由闊達な感じ。

2017 5 28 京阪 坂本線 ブログ用.jpg

京阪石山駅からは、予定では京都に戻り、市内のどこかで楽しく昼食を摂りのんびする算段だったのですが、予定より早い行動なので電車の中で悩みます。

この路線の終点は「坂本」(石積の綺麗な街並み見学)か、途中の「三井寺」にするか。
さて、どちらになったかは、次回です。

では、またね (@^^)/~~~

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ