FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
大徳寺前からバスで北大路バスターミナルに戻り、次に地下鉄で丸田町まで移動。

市街地の北方面の真ん中ほどを広大な用地で占める京都御所の南辺の丸太通りを、強い日差しに打ちひしがれてトボトボ。

バカ広い用地で、バカ広い通路、暑いさなかを歩くのは、年寄りには辛い場所です。

2017 5 27 清和院御門 ブログ用.jpg

お腹はそれ程空いてはいないのですが、のどを潤し軽く蕎麦でも手繰ろうと、事前に決めていたお蕎麦屋さんに向かいます。
遠目から見ると何だか歩道に人が並んでいるお店が見えます。

そこが目的の場所でした。

ちょっと、「黄梅院」に寄らずに真っ直ぐ来ればよかったと後悔。
並ぶのも嫌なのでスルー。

次の候補はと先に向かいます。
あれ?、この辺のはずと探すも発見できず。こんな時は携帯のナビが役立つのでしょうが、おじさんとしてはそれも出来ず、地図で探すのも気怠く、まあ、何か飲み物でも摂って木陰で時間を潰しましょうと変更。

御所への門をくぐります。

まず、受付場所の確認。間違って違う門へ向かったら、相当歩かないといけなくなるので下調べ。

2017 5 27 大宮御所入口(受け付け) ブログ用.jpg

広い通路です。白いテントが当日枠の受付記載所です。

確認が済んだので、さて自販機か何かないかなと探すも、無いのです! (;_;)
うろうろするも無い。益々喉が渇きこのままでは熱中症にもなりかねません。

小砂利が敷き詰めらてただだっ広い道を、一旦外に出ようとします。烏丸通りの反対側に自販機を見つけ、やっと水を確保、直ぐに一一気に半分ほど飲んでしまいました。

また、戻って、入口の反対側の木陰のベンチで一休み。疲れて眠くなってしまうほどでした。

2時のグループなので、その20分前に受付開始。皇宮警察官に許可書を提示して門から入り、待合所前の受付で身元を確認されてのち、参観者休み所で待ちます。

トイレ、ロッカー、自販機、記念品の販売所があります。モニターで簡単な案内があり、時間になると先頭に女性の案内人、最後尾に皇宮警察官が付いてスタートです。

まず、大宮御所の車寄せ。

2017 5 27 大宮御所入口(受け付け) ブログ用.jpg

この御所の右脇から「仙洞御所」に入ります。
「仙洞御所」は、今は御殿は無く茶室が2棟あるだけで、美しい庭が主役の御所です。

2017 5 27 又新亭(ゆしんてい) ブログ用.jpg

入るとすぐのところに又新亭(ゆうしんてい)と言う茶室があります。これは、明治初期に近衛家から献上されたものだそうです。

2017 5 27 最初のポイントの北池 ブログ用.jpg

「仙洞御所」は、池が中心の、所謂、池泉回遊式の大庭園とでもいうのでしょうか。北池と南池をあとで繋いだ大池をぐるりの散策できる楽しく美しい庭園です。

面積も広いせいでしょうか、桂離宮のようなこじんまりとはせず大らかささえ感じます。

2017 5 27 空に青もみじ ブログ用.jpg

北池から回り始めます。
写真を撮ることは自由ですが、ゆっくりと勝手に時間を使ってと言う訳にはゆきません。

1名、おじさんが、ふらふらと一団から離れて単独行動を取っていたら、すかさず皇宮警察官に注意されていました。
この後も凝りもせず、見るからに落ち着きのないご仁です。

2017 5 27 サクランボも悲し ブログ用.jpg

所々に庭師が入って手入れ作業が行われています。
置き忘れなのか、サクランボが緑の絨毯の上でお昼寝中です。

広大な庭園なので、ちょっとブログにしては長が過ぎました。
この後は、次回と言うことで (@^^)/~~~

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ