FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
昼食休憩を済ませ、下り始めます。
M君は夕方外せない用事を押しての同行なので予定時間に遅れないように行動します。

でも、急ぎ足ではありません。しかし、毎度ですが、普段の歩きでもM君にはいつも置いて行かれるので、離れても気にしません。

2017 4 20 怪鳥が飛ぶ高峰 ブログ用.jpg

羽音も聞こえないのに大きな怪鳥が天空を舞っています。

2017 4 20 ハングライダー ブログ用.jpg

山際に消えたと思ったらまたこちらに近づき、ゆったりと大空を遊泳しています。
「気持ちよさそー!」と心底羨ましくなりました。

普段でも、大空を飛んで行く飛行機などを眺めては、羨望感と開放感などを抱く質なので、同質の、いや、もっと強く感じましたよ。
何たって、この春のご馳走の山桜風景、里山や遠景の秀麗な筑波山などの絶景を独り占めですからね。

しかも、動力が無いので風切り音と心地良い風を全身に感じて浮かんでいるんですからね。

2017 4 20 高峰の南西斜面 ブログ用.jpg

登るときとは違って目線は先を、よそ見の景色を満喫しながら下ります。

でも、元来た林道を膝に負担が来ないようにゆっくり歩きます。時々、膝辺りに違和感を覚えます。
若い時分は、結構な山屋さんとして、北は北海道から南は剣やアルプスを歩いてきたのに、今は情けないほど足腰が弱いです。

よって、登ってくる途中で、気になる場所も脇に逸れるのは嫌とスルーして第2展望台だけを目指してきました。
今度は下りなので、話の種に寄り道。

2017 4 20 だいだら石 ブログ用.jpg

「だいだら坊の背負い石」という伝説の石があります。この写真では比較するものを入れてませんので大きさが伝わりませんが、人間の背の高さの倍以上はあります。

真ん中の線は背負ったときの縄の痕だそうな。
ここまで来て動かなくなり、動かそうと思って蹴った痕が、次の写真。

2017 4 20 だいだらの蹴った足跡 ブログ用.jpg

確かに指から踵までくっきり残っています。これも大きさは伝わりませんが、80センチ近くありましたよ。
楽しい伝説です。

やれやれもう少しで下界に戻ります。

では、ここで最後の休憩。
次回は、締めに入りますね。

 では、またね (@^^)/~~~

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ