プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
はや年寄りの割引が適用されるようになって数年。

愛妻が、愛猫が、愛犬が、ここのところ毎年天国に
先に旅だってしまい寂しい限りです。

でも涙して暮らしていても元には戻りませんから、
少しづつ前に進もうと考えてます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
夜明けを待って家から10数分のところの牧場の端にあるこぶしを撮影に行きました。

朝早くカメラを持って出かけたのは、昨年からまだ3回目です (-_-;)
1度は、那須山を間近に撮るため、2度目は只見線の有名な第1鉄橋の風景などを撮りに、そして今度が3回目。

趣味にしたとは言え、まだまだ熱が入っているとは言えませんね。寒さにすぐに負けてしまってついつい億劫になってしまうんですよね。

でも、今回は季節ものですから見逃すと来年までないので出掛けました。

現地に着いたら、あらら、沢山のカメラマンがいました。
超が付くような撮影ポイントではもっとぎっしりといるのでしょうが、僕には10人もいればかなりのプレッシャーになりますよ。

ただ操作手元や画面が見えないので誰にもどんな映像なのかはわかりませんので、その点は救われます。

20174 14 こぶしと遠景の桜 ブログ用

まずは、朝の柔らかい陽光のこぶしをアップで納めました。
右側が花付が悪いのかこれからまだ咲くのかは牧草地で立ち入り禁止ですから確認できません。

次には、西の空に残っているお月様とお話しするように佇む風景を撮りたくてカメラを向けます。

2017 4 14 こぶしに残月 ブログ用

まだ、撮影場所の背後にある雑木林の陰が中まで迫っています。

場所を少しだけ移動してアングルを少しだけ変えます。

2017 4 14 朝のこぶし 横 ブログ用

遠景の秀峰に残っている雪を頂いた感じが良さそうなので撮ってみましたよ。

2017 4 14 千本松のこぶし ブログ用

次に縦位置にして撮りました。

僕には写真の先生が居ないので独学です。
雑誌の解説によると空の入れ具合が云々と書かれていますが、青空大好き人なのでどうしても大きく空を映したくなります。

でも、ここに白雲でもあれば、こぶしなどは小さくして、青空と雲を撮りたいと思うのですが、さて、どんなもんなのでしょうかね。

それと気になったのは、このこぶしは大女優ですが、渋い遠くにあるピンクの桜と白いこぶしの木がひっそりあったのですが魅かれるものがあります。2枚目の写真の左奥にある木です。

何枚かは一人立つこぶしを入れずに撮りましたが、思いと画面が全く一致していませんでした。

それと、今までは旅のスナップ写真を撮って遊んできましたが、どちらかと言うとカメラマンの背後から撮影している風景を撮りたいとも思っちゃいましたよ (-_-;)

まだ始まったばかりの新米ですから、せいぜい一杯失敗しながら遊んでみます。

では、本日はこれまで (@^^)/~~~



スポンサーサイト
コメント

こんにちは


詳しくご説明していただきありがとうございました。

早朝に出向くことはできませんでしたが
早速本日出向いてきました。
我が家の方から約1時間で到着いたしました。
千本松牧場は、日曜日と言うこともあって素晴らしくにぎわっていましたが
そんな様子を横目に見ながら迷うことなくつくことが出来ました。

早速本日記事にしてアップさせていただきました。
素晴らしい場所を教えていただきありがとうございました。

そちら方面は年に何度も足を運ぶ大好きな場所
もしかしたらどこかですれ違っているかもしれませんね。
お体を大切に、与えられた人生を有意義にそして悔いの残らないように
毎日をお過ごしくださいね。




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ