FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:ゴルフ(ヘタの横好きの)
昨日は、久し振りに休日にゴルフをしました。
今年からは、何時でも行ける身に師匠もなり、平日にお誘い頂いており、休日は久し振りです。

ゆっくりのスタートなので、家を8時40分頃出掛けます。
着くと駐車場は満杯状態でかなり遠くに停める羽目になりました。

昨日はゴルフ場の開場記念のコンペです。
雨が降っているので本当ならキャンセルというところですが、開場記念と言うことで我慢してプレーします。

2017 4 9 塩原CC開場記念杯 ブログ用.jpg

スタート始めからレインウエアを着て始めます。前半は何とかごまかしながらもスコアをまとめます。
でも、ついに半分を終わったところからは、ボロボロになり終わった時にはスコアも体も心も疲労困憊な状態です (;_;)

このコンペは、参加者が多く240名くらいいます。よって、そろっての表彰式はできず、ハーフのみのスコアで競います。
お昼はバイキング形式で少し多めにつつい食べ過ぎてしまいます。

さあ、午後は頑張るぞーとスタートしたら、出だしからズタズタ。
仕舞には、師匠からもう破門か降格処分だと怒られてしまう状態でした。

師匠は、流石!240名もいるのに、何と優勝です (^_-)-☆
比較して僕は真ん中ちょい上。猛省の上、本番主義を止めて少し練習をしようと、遊びとはいえ悔しすぎたので思ったのでした。

慰めになったのは、運よく飛び賞が当たり家計に役立つ食料品でしたよ (^^)v

帰りに、気分転換に、お気に入りの風景を見て行こうと脇道をしました。
1台が道路の脇にも寄らずに撮影していました。僕が近づいてきたのが判ったのか車に戻り去ってゆきました。

カメラを持参していなかったので、今朝方、週3回の定例の車出しの用事があったので、そのついでに行って撮ってきたのが次の写真です。

2017 4 10 千本松のこぶし ブログ用.jpg

今日は花曇りで光線もあまり良くなく時間も中途半端だったので後日また行きたいと思います。

それに、そろそろ桜も咲きだしてきたので今年は那須地方の桜を撮りに出掛けます。

桜が大好きだったた妻との思い出もあり、僕が気に行っている和歌

「願わくば 花の下にて 春死なん その如月の 望月のころ」 西行法師詠む。

妻も、最後の桜を見て、20日もせずに旅立っていきました。何だかこの歌のようでした。
まだ若く可愛そうなことをしたと思っています。

もう、いや、3年目を迎えます。湿った話になってすみません 

では、きょうはこれにて (@^^)/~~~

スポンサーサイト



コメント

詳しくご説明有り難うございました。
また素敵な風景見せてくださいね。

こちらこそ初めまして <m(__)m>

初めまして <m(__)m>

写真の初心者の僕は、昨年の夏から地元のロケハンを開始。

いやー、良いところを見つけたと思ったら、実は有名な撮影
ポイントだったようですよ。
今日も9時の頃見に行きましたが、5人ほど見かけました。

場所は、那須塩原市にある県営の那須野が原公園の北西側に
広がっているホウライの千本松牧場の北側になります。

車で簡単に行ける案内をします。

まず、公園の大きな進入路を入ってゆきます。1キロほどで
公園入口の到着。でも、この門を入らずに直前の分岐点を左。

直ぐに那須疏水が脇を流れてますので、これに沿って北上し
ます。途中には水たまりがあるような砂利道になります。

但し、普通車でも問題なく走れます。
すると、ちょっと行けば西那須野の千本松浄水場が右側にあ
ります。その交差点を左折。

ほんの少し進むと、左側には牧草地が広がっていますが、すぐ
この木が真ん中に見えますよ。

牧草地には入れないので、道路脇に駐車して撮影します。

道順的にもこの案内だけで簡単に着けると思います。

もう数日で満開です。

もし良かったら撮影にいらっしてくださいね。

はじめまして

そちら方面は大好きなので良く出かけていますが
素敵な風景!さて・・・その場所は?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ