FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
花見山を下り、臨時のタクシー乗り場である麓の自治会の集会所で待ちますが、配車されていません。
やむなく、会計幹事が電話で呼び出します。街からは15分位です。

タクシーは、協会が料金を設定していて、今年は1,550円です。
帰りは、駅近くの仲間が使ったことがある中華料理店でそれなりの有名な店にへ向かいます。

店の下に来たら、見上げたところどうも椅子がテーブルの上に乗せられており休業の様子。
タクシーには申し分けないのですが、結局に駅に戻ります。

もう一つの、僕が行きたかった駅併設のそれなりの有名な餃子のお店に向かいましたが、並んでおり諦め。
福島駅の前を浮浪者のように食べ物を探して歩く羽目になりました (;_;)

県庁所在地の駅前でこんな目に遭うのは長い旅行経験からも福島市が初めてで、こんなにおもてなしができてない都市は、観光に本当に力を入れているのかと大いなる疑問と憤りさえ感じました。

まあ、お腹が空いてきていることからの立腹でしたかね (-"-)


結局、捜し回って、思いついたのが、デパートの上の方ならレストランがあるはずと探しあてました。

2017 4 2 やっと昼食 ブログ用.jpg

何だか屋上に子供の遊園地があるような雰囲気のデパートだねぇ。
このレストランも昭和のにおいが漂っているよね。

2017 4 2 昼食のラーメン ブログ用.jpg

時間があまりないのでビールと一緒に昼食のラーメンも頼みます。間違っても昼食をゆっくり楽しむ場所柄もそうでなさそうな。
出てきた麺は、化学調味料の味がしましたが、でも美味しく、かつ心を読んだのか、すぐ食べられるよう程よく冷まして出してくれたようですよ (;_;)

普通なら熱くてなかなか早く食べられないのにね。素晴らしい気配りでした、皮肉では無くね。

2017 4 2 飯坂温泉駅 ブログ用.jpg

一人はここで先に帰ります。青春18切符は分割できないので放棄で、新幹線で帰宅します。3分の1くらいの時間で帰れるんだよね、羨ましいねぇ (´・ω・`)

さて、最後のイベントの飯坂温泉です。

僕がチョイスしておいた共同浴場です。

飯坂温泉へは福島駅から飯坂線で25分ほど。


設備は充実。
事前リサーチが足らなくて、貴重品であるカメラが心配で駅のコインロッカーに預けます。

30歩位歩いて気が付いたのは、カメラバックに温泉で使うタオルも一緒にしてしっまたと言う失敗。
仲間が直前にスマホでチェックしていたのか、タオルは売っているとのこと。

ロッカーから出すために戻って200円掛けるか、このまま行って銭湯で買うかでハムレットのように逡巡しましたが、階段も登り歩き始めたので、タオルを買うことに。

到着、早や!駅からすぐそこ。
建て替えて新しくなっている「波来湯(はこゆ)」です。

2017 4 2 波来湯(はこゆ) ブログ用 .jpg

立派な施設で共同浴場と言う雰囲気ではないです。
中に入ると、下に降りるエレベータまでついていました。

番台と言うより受付カウンターがあり、シルバー人材センターで受託しているのかスタッフの年配の方々がおりました。
接遇はまだ慣れていない様子ですが、優しく親切です。

有名な共同浴場なので千客万来と言った状況です。大きな脱衣したものを入れるロッカーがあったので、ここまでカメラバックを持ってきても大丈夫なのでした。しかもコインは戻ってくる形式。

浴室は、それ程大きくは無く、脱衣所も狭いので、ゆったり入るのは同時には7,8人が限度でかね。
受付でも混むと調整してくれているようです。湯船に詰めれば10人以上入っても大丈夫ですがね。

僕は、正にイモ洗いのように男同士が肌寄せ合ってギュウギュウに詰められた超有名温泉に数か所入った経験があるので大概のことには驚きませんよ。でも、lここは調整しているのです、嬉しいですよね。

温い方が42度、熱い方が45度。
熱い方に入るのは気合いが必要です。

1度は、1分ほど挑戦。2回目は頑張って3分入りましたが、びりびりと染みるような痛さもあり、慣れればこれはこれで快感になるのかもしれませんが、真っ赤な茹蛸のようになって飛び出す始末でした。

でも、また来たい楽しく綺麗な気持ちの良い温泉でした。

今回の旅は、大小の失敗続き。

最後の温泉が心地よかったので丸く収まりましたよ。飯坂温泉に感謝!

では、今日はこれまで (@^^)/~~~

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ