FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
(今回の分は、結構長いです。お許しを)

さて、楽しみの昼食休憩です。
「ぽんしゅ館」で、既にアイドリングができており、それより朝から間断なく給油しているので尚更滑らかに移行できます。

朝早くから電車の旅でもあり疲れてもいるので座って休みたいです。
駅構内にあるお蕎麦屋さんで昼食を摂ることにしました。

メインは、当地方の名物のへぎ蕎麦とし、とろろ大好き人間なので、真っ白なとろろ付きです。
へぎ蕎麦は、ボッチにまとめてこれを並べて盛り付けるのですが、今日はまだ寒いので温かいものにします。

2017 4 へぎそばのとろかけ ブログ用.jpg

勿論、これが始まりではありません。
少し長めの、「蕎麦前」が付きます。

2017 4 1 昼食 お酒 ブログ用.jpg

取りあえずビール、の後は勿論新潟は酒処ですから「ぽんしゅ(日本酒)」です。

御つまみはランダムに好きなものを頼み、4人でシェアします。
そうそう、今回も、いつものハッピーリタイアしたおじさん4人組です。

2017 4 1昼食 栃尾の油揚げ ブログ用.jpg

これも地元の名物、栃尾の油揚げです。今は、結構普通にスーパーで買えるようになっていますが、焼いて醤油を掛けるだけでもアツアツなら十分美味しいですよね、ネギが付けば尚更ね。

2017 4 1 中食たまご ブログ用.jpg

蕎麦屋の鉄板メニューは、何て言ったって卵焼きですよね。

2017 4 1 かまぼことひもの ブログ用.jpg

板わさもそうですよね。隣はエイの干物でしたかね。

2017 4 1 昼食の天ぷら ブログ用.jpg

山菜の天ぷらでしたよ。

2017 4 1 昼食 ? ブログ用.jpg

これは何でしたっけね。取りあえず時間もあるので結構呑んだくれちゃいました。

仲間が、昨年末の京都旅行時に同じく帰りの時間調整に酒飲んでいて危なく時間を誤り乗り遅れそうになりました。
まあ、何とか間に合いましたが、その教訓で時間を確認するよう促します。ここまでは仲間の連携がうまくかみ合っています。

まだ、大丈夫と確認して返答。
ここまでは、しっかり者で順調でしたよね。お腹も旅の解放感も満腹で満足状態でした。

会計を済ませ、勇躍、「小出」に向かうことで普通車に乗り込もうとしました。

順調に空いている電車のロングシートに体を沈めます。

2017 4 1 何も知らず旅情に浸るおじさん ブログ用.jpg

このおじさんは、雪景色の山河を眺め、旅情に浸っています。
な~んにも知らずに平和な気分でいるようです。勿論、僕も。

この写真を撮った時点では上下方向を間違って乗ったということに気が付いていません。

この写真の数分後に下りが越後湯沢から出たはずで、もうこの時点で「ジ、エンド」でした。

途中も途中、ほぼ水上に近づくまで気づかいないという「遣っちまったよ~!」感が水上で降りてどっと雪崩のように襲ってきました。

僕ともう一人のベテランがいても乗るときに気が付かなかったのですから、後の2人は何が起こったのか始めは事の重大さがピンと来なかったようです。

諦めて水上にでも泊まろうかと言う話も出ましたが、僕はまだ今日の宿泊や夕食の予約もしてあるので、只見線は完全に駄目ですが、終点の会津若松にはゆけるはずと調べ始めます。

いつもの旅の企画を担当する仲間が駅の時刻表を見ながら手慣れた様子で調べます。午後8時頃になりそうとのこと。

ちょっと待てよと、僕はガラ系しか持っていないので仲間のスマホを借りて調べたら、臨時便があったのか何とか予定の1時間遅れの7時に会津若松に着けることが判りました。

ついに予定外のコースで、普通車で水上から越後湯沢に戻り、そこから長岡まで新幹線、そこから信越線で新津へ。新津から磐越西線で3時間かけて会津若松と言う長時間コースになりました。

勿論、予約先には遅れることを知らせます。

良くよく只見線には見放されているようです。
かなり昔から行こうぜと話し合っていて、でもまだ現役時代でしたので、時間がうまく取れず諦めつつあってのです。

でも、やっぱり行こうかとなった頃に、不幸にも会津地方の大洪水による線路崩壊で断念していました。
その後、ある程度は復旧しましたが、まだ不通の区間もあり、バスが代行しています。

その間には、当該地方にはもともとアユ釣りでの遠征や妻や仲間との観光などぼちぼちは出掛けていましたが、昨年カメラを本格的に始めようと只見線を撮りに行き、やはり乗りたくなり今回の計画を僕が作りました。

本当に残念でした。

では、今日は、かなり長くなってしまいましたが、ドタバタ劇の顛末でした。

この後は、改めて整理して残りの旅を綴ります。
タイトルも今回は只見応援ではなく、福島応援にシフトして付けますかね。

只見線は、青モミジか早苗の時分に撮影に行きたいと思います。

では、本日はこれにて(@^^)/~~~

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ