FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:地域の行事(自治会)
歴史の浅い地域に住む僕たちは、伝統ある古都などのお祭りを羨ましく思うことはありますが、それでも、近隣の自治会が協力しあい、子供たちの思いで作り、古老達を含む大人の回顧の念を受け止め、手作りの秋まつりを挙行します。

7時には、役員が集まって実施の判断をしますが、雨も降っていましたので、参加する子供たちの身体を考え逡巡したでしょうが、段々良くなるという天気予報を信じ、号砲のように響き渡る花火の音で実施を告げます。

僕たち作業部隊は、多分それぞれに役割分担に従って、実施する覚悟を持って集合します。

僕も、野外作業に備え、日頃使うことのない合羽を携えて馳せ参じました。
過去の現役時代のキャリアや老若などは打ち捨て、地域の一員となって地域行事には参加します。正直には、テントの重いポールやテーブルを運び、鍋釜、バーナーなどの輸送やセットは力仕事で大変です。でも皆のため子供のため、祭りの裏方になりますが、後日のそれ程悪く感じない筋肉の痛みを甘受するはずです。無償のボランティアの良いところです。.

雨が降ったり止んだりしているうちに、神事が終わり神輿、山車の渡御、引き回しが始まります。
2016 10 9 神社の神輿渡御.jpg
まず、大人の神輿が先頭でスタート。もっと大きな神輿があるのですが、担ぎ手の不足で境内に留め置かれ、少し小さめの神輿が練り歩きます。
次いで、子供神輿。
2016 10 9 子供御神輿.jpg
始めは子供の合間に大人が手助けしますが、これも愛嬌です。でも、外から見ていた子供たちも、先に進む頃は楽しさと好奇心が勝り、取り着くようになります。多分、担いだ子供は楽しい思い出になることでしょう。
2016 10 9                   大人の神輿は、それなりに伝統ある神輿から学び、相撲甚句のような口上を入れたり、担ぎ方を様式化しようとしているようで、また微笑ましいです。

歴史を重ねれば立派な神輿渡御になるかもしれません。頑張れ、若者達よ!

僕、おじさんは、悪いけれど「直会(反省会)」頑張っちゃうからね(#^.^#)

実施当番の自治会の皆様ご苦労様でした。皆様の熱意で、何とか雨の天気をねじ伏せ、楽しい行事を成功裏に終了させました。敬意を表します。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ