FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
やっとお昼です。
蕎麦屋に着いたのは、午後1時半頃でした。

店構えも有名ですが、何というか庶民性の中にも蕎麦屋の芯が一本通っている一流の店です。
値段も手ごろで高級店ではありません。

「神田まつや」結構贔屓に使っているお店です。

2017 3 23 まつやの前景 ブログ用.jpg

50歳の時のガン治療で東京の方へ通っていた時に、有名店をあちこち回りましたがここが一番気が休まる蕎麦屋でした。

蕎麦屋の評価の仕方は人それぞれですが、僕は蕎麦屋の蕎麦だけでなく雰囲気やお酒や客あしらいや蕎麦前の一品料理など、もろもろを含めた視点で評価するので、謂わば蕎麦屋全体を評価するのが好きなんですね。

2017 2 23 まつやの焼き鳥 ブログ用.jpg

かなり地下鉄の乗り換えなどで歩いて来たので喉も乾いていましたので、まずビールと大好きな焼き鳥を頼みました。
ここのは蕎麦屋で焼き鳥屋ではないので串に刺さっていませんよ。でも、塩とタレのどちらかを選びます。

さっぱりしている塩を。焼きネギに塩を付けるとより甘みを感じ美味いです。
燗酒を頼んで飲みます。すっきりしたお銚子とおちょこ。

サービスで付いて来る蕎麦味噌だけでも1本は十分呑めますので、相席になった正面の人はそうしてました。

僕は、2本目の熱燗と、やはりここの名物蕎麦の一つのゴマダレの盛り蕎麦になる、大ゴマそばを頼みます。
蕎麦を、焼き鳥についてきた塩を少し降りつまみ代わりに頂きます。

蕎麦はまだ水がしたたり落ち切らない内に直ぐ食べろという人もいますが、それは蕎麦自体を楽しむためには良いでしょう。

放置せず乾ききらないうちに食べるなら少しくらい時間が足っても問題ないと思いますがね。

2017 3 23 大ごまそば ブログ用.jpg

まつやは人気店ですから混んでおり相席が基本です。しかし、人がひっきりなしに入れ替わっても何故か騒がしく感じませんし、マッタリできます。

今日も僕より先輩と思われる男性6人が、会社の退職同窓会と言う雰囲気でゴルフ談義をしながら楽しそうに呑んでいました。
お酒を2,3本呑んで、蕎麦を手繰って解散という粋で羨ましい雰囲気の集まりです。

ふと、昔を思い出しました。
まつやの近くにある超有名店の神田藪蕎麦に梯子したら、まつやで見かけた若者がどうも蕎麦の勉強をしているのか、同じく梯子をしていたことを。おじさんとしては、微笑ましく目に入れました。

その文化財の神田藪蕎麦は一度火災になりニュースにもなりましたが、昨年訪れたら再建を果たし、お昼には長い行列ができてました。ここも江戸情緒があり素敵でしたが、ちょっと建物が新しくなった分重みが落ちましたが、客あしらいは一流ですね。

このまつやの建物も文化財ですが、出来ればこの先も長く維持しながら、このまま商売繁盛を続けてもらいたいと願わずにはいられませんでした。

では、本日はこの辺で。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ