FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:写真
今日は金曜日。
朝からちゃんと働きました。誰にも褒めてもらえないけど、でもちゃんと主夫としてはお仕事はしましたよ。

でも、結果は、最低!!
しくしく (ノД`)・゜・。

このお蕎麦を食べるために、痛い目に遭いました。

2017 2 10 ブログ用.jpg

高林坊のお蕎麦をお昼に頂きました。天盛の高林蕎麦、1,100円。

時系列的にお話ししますね (-_-;)

朝は、定時の6時半に起床です。正確には、ストーブに点火、トイレ、ベットに戻るという毎日のルーティンワークです。
ですが、テレビも、電気も付けて、これ以降はもう寝ることはありません。

7時半頃、階下に降りて、新聞を郵便ボックスからとり、仏壇のお茶と水の器を回収し、台所に移動。

台所のストーブを着けて、仕事を始めます。
台所や脱衣所、トイレはなどは、高齢の父母居たので床暖房設備があるのですが、終日着けとくと暖房費がかなりかかるので、今は大きめのファンヒーターを置いて、直ぐ温まるようにして止めてます。

この後の、普通の手順は、昨日洗っておいて食器などをまず始めに片付けます。

次いで、お茶を入れて仏壇に供えます。それから、自分たちの朝食の準備。朝はとても簡単にね。

今日は、朝一番で車を出すお仕事。
出掛けたついでに、生鮮食料品の買い物をし、その足で自治会長に作っておいた原稿を届けます。

帰ってきたら、トイレ掃除など簡単に済ませ、トイレのマットを交換し、古い方は洗濯し干しました。

ね、普通の主夫のお仕事をちゃんとしてるでし (^_-)-☆ こんな主夫、欲しい人いませんかね ?


今日は、この後の11時から2時半頃までは自分の時間です。
そうだと、雪の景色を撮りに出掛けます。

その前に、ベットのすぐ頭のところのベランダからの定点撮影を見せないと。これは、日の出前の今朝の撮影です。

2017 2 10 イチョウの冠雪 ブログ用.jpg

出掛け始めに、お気に入りの草地の中にある木を見に行きました。風強し、雪煙が上がっています。ちょっとイメージに合わず。

2017 2 10 こぶしの孤高 ブログ用.jpg

その後が僕のサバイバルのような時間でした。

山の方へ向かえば、厳しい風雪の写真が撮れるかもと車を向けます。
道路は基本的には雪は解けていますので.、四駆の僕は無理をしなければ問題なさそう。

どんどんと、北の方に向かうと、強い風が吹きつけ、地吹雪状態。
道路の、風が吹き抜けるような所は、吹き溜まった雪が積もっています。同じ市内でも僕の住む南方とでは雲泥の違いです。

先行車の商用車のバンが横滑りしています。強い風に逆らってハンドルを切りすぎたのかもしれません。
あれよあれよという間に、路肩を外れました。幸い高低差は無そうなので、降りて押してあげれば何とかなるかと、地吹雪を押して僕は外に出ました。

大丈夫かと尋ねると、車の中で、若い男2人、すみませんと返事。
足回りを良く見ると自力で脱出できそうです。後続車を先に行けと誘導し、その車の脱出のサポート。感謝の挨拶が、車内から手を合わせてありました。

おう、おう、これは今日は凄い写真が撮れるかもとまた先に車を進めます。
5分も行かないうちに、今度は、対向車線の方で乗用車が脇に落ちてます。

この車は人力ではどうにもなりそうがありません。運転手は居ないようですが、ハザードランプだけ点滅していました。


いやー、これは写真どころではないぞー。傑作の写真をものにできるという期待より、自分の身に危険を感じました。
引き上げることにし、脇道で入りターンしてきて帰り始めます。

そのあと、お昼も近いので、途中にあった農村レストランの蕎麦屋に入ろうとしました。

そこで、大アクシデント。

2段しかない、しかも高低差も少ない階段を、よそ見していたために靴が引っかかり、見事にドアの前でドスンと転びました。
痛いのと、恥ずかしいのと、プライドが傷ついた気分で立ち上がりお店の中へ。

お店の中で見ていたようで心配して頂きましたが、勿論、平然と「大丈夫!」


左の膝と肩を打ち付けたようですが、夜の時間になって、そんなに痛く無いので大丈夫かな。
明日の朝になったら、痛くなって悲しいことになりませんように!

では、これにて。

歳を重ねると言うことは、こういう痛い目に遭うことも有るということかも。注意しますね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ