FC2ブログ

プロフィール

nobotyan

Author:nobotyan
イヤハヤ、いつの間にか「古稀」の年代に突入です。

妻や、猫、犬は、お空の上で楽しく暮らしているかな?。
那須オジサンは、独り寂しい限りですが、もう少しだけこの世で頑張ろうかなとね。

那須の素敵な自然が伝われば、また、田舎暮らしも悪くなさそうと思って頂ければ、少しは地域貢献に役立つでしょうから、せっせと発信します。是非ご覧くださいね。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア

良かったら、是非ポチィと

DATE: CATEGORY:旅行記(写真)
(本日のブログで山陽路の旅が完結します)


地元の美大の学生の弁天様などの彫刻もさりげなくお寺に有ったり、誰もいない時宗のお寺が静かに佇んでいたりと見るもの感じるもの全てが素敵です。

これも観光客にほとんど出会わず、幸いにも閑静とした時間を持てからでしょう。感謝です。

99.jpg


尾道は歩いて、歩いて、もう一つ歩いて、やっと味わえます。

101.jpg


102.jpg


103.jpg


できれば体力がある人の方が、ゆとりをもって仏や神様に出会えるでしょう、多分。

でも、軟弱な人間は仏にすがって歩くというのも有難味を感じる早道かもしれません。ようは誰でも静かに心をオープンにして対峙すれば良いということですよね。

104.jpg

105.jpg

人間やはり時間になれば腹は空くものです。評価はまちまちですが、尾道ラーメンを食べることにします。

普段の生活でも昼は麺類が定番ですし、ストライクゾーンが広い僕はインスタントラーメンも数多く食べますが、流石にお店の方が美味しいです。


106.jpg

下調べもなく何となくこの店あたりは良さそうなと入った店は有名らしく混んでいました。最初に食券を買うシステムです。

ビールを頼んではまずいかなと思いましたが、全くいらぬ心配で2本も飲んでしまいました。僕としては、まあまあの味でした。再来はあるかな。


107.jpg


これにて旅は終わるのです。家路に就くのですが、何故か少なからずしみじみするものです。まだ少しばかり時間があるのでゆっくり海岸沿いを散策します。


海岸の堰堤の上に腰をおろし行き来する船を眺め、目の前の島を繋ぐフェリーの往来を見やります。


108.jpg

しばらく佇んで過ごした後、立ち上がり深く深く呼吸し、海の香りと艶めかしい空気を胸一杯に吸い込んでから、直ぐそこの帰路への入り口である駅を目指しました。


尾道から福山へは在来線で行きます。


109.jpg


1時ちょっと過ぎ、予定の新幹線には可なり早め、切符を買い替え列車に乗りました。東京まで進んでゆきます。現実の世界への帰還の時間です。最後に駅の脇に展開するお城が見送ってくれました。


110.jpg


久しぶりの一人旅、ちょっぴり長かった一人旅、色んな思いを胸に明日からの日常に戻ります。

旅は楽しく素敵な時間をもたらせます。この後も機会があれば数多くの旅路に出たいと思いつつ心地よい電車の振動音と揺れに身を任せました。

勿論、ビールを手元に置いてね。
                        
これにて、この旅は(完)で~す !! 


暫く旅が出来ないので、初出の思い出の旅を機会を見つけて登載する予定です。さて、夏の旅の旅行記が取ってあったかな? そうだ、大好きな信州の夏の旅があったはず


では、今日はこれまで   また明日  (@^^)/~~~



朝食前薬前(119,59,57,6.3)  今日は、梅雨の間の晴れとのことで、洗濯をしましたよ。でも曇っていて雨が心配です。

詰らぬ用事があり出掛けにくい。家遊びかな?
少しくらい雑草取りもしなくてはとせっつかれる感じ。



にほんブログ村  「栃木情報」もクリックして頂ければ、とても嬉しい!
スポンサーサイト



tag : 那須 尾道

コメント

Re: 何処の城?

お城は、福山城です。

くたびれた家は、中村憲吉だと思います。

尾道は、とっても素敵な街でした。坂道を上ったり下ったり足腰には大変ですが、その大変さを楽しむ時間が流れている街でした。

何処の城?

で 画像の城はどこですか?
姫路城?・・違ってるかな?

尾道 林 芙美子作家?
まぁ 色々転々としてる作家さんでしたがね?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2020 那須の緑風に乗って all rights reserved.Powered by FC2ブログ